選挙ドットコム

【衆議院議員選挙2017】10月22日に用事がある人必読! 期日前投票は仕事帰りに手ぶらで行けますよ

2017/10/12

原口和徳

原口和徳

衆議院議員総選挙がはじまりました。投票日は10月22日ですが、投票はいつからできるか知っていますか?

「えっ、投票って、投票日だけしかできないんじゃないか」と思われた方
「投票日は予定があるし、投票に行くのが億劫だな」と思っている方

実は、もっと早くから投票することができます。期日前投票を利用すれば、早ければ10月11日から投票することができます

期日前投票ってなに?

期日前投票は、仕事や旅行、学校や家族の用事などの様々な理由で投票日に都合がつかない人が、投票日より前に投票できる仕組みです。

期日前投票は、投票日に投票するのとほとんど変わらない負担で投票することができるのもぜひ紹介したいポイントです。

期日前投票宣誓書

期日前投票宣誓書

上記は、期日前投票所で記入することになる宣誓書です(書式は自治体ごとに異なります)。

期日前投票所では、この宣誓書に記入するほかは投票日と同じ方法で投票することができます。
もちろん、「仕事で投票日に行けない」「友だちと遊ぶので先に投票しない」など、申請する理由について審査されないので安心してくださいね。

期日前投票所はどのくらいあるの?

期日前投票所は、案外身近な存在です。東京都を事例として確認してみましょう。今回の衆議院議員選挙では、296か所の期日前投票所が設置される予定です。

近年、投票しやすい環境づくりのために、期日前投票所は増加傾向にあります。
前回の衆議院議員選挙(2014年:283か所)や参議院議員選挙(2016年:287か所)と比べてみても増加していることがわかります。

図表2_23区における期日前投票所設置数 TOP5

上記は23区における期日前投票所の設置数トップ5です。
世田谷区や大田区といった23区の中でも面積や人口が上位の区において、数多く期日前投票所が設置されることが分かります。

でも、期日前投票所が自分の生活圏内にあるとは限らないよね

でも、数があっても行きにくい場所にあったら意味がない、と思われた方もいらっしゃいませんか。期日前投票所へのアクセスのしやすさも確認しておきましょう。

23区を対象に、何キロ平方メートル当たりに1つの投票所があるのかについて比較したときに最も大きくなったのは、区内に7カ所の期日前投票所を設置する江戸川区(7.1k㎡に1か所の期日前投票所)です。

江戸川区内には12の鉄道の駅があります。平均すると2駅に1か所、つまり通勤・通学で使用する最寄駅か隣の駅の近くには期日前投票所がある計算になります。

加えて、区の施設だけでなくイトーヨーカドーでも、期日前投票所が設置されます。商業施設にも投票所があると、買い物のついでに投票することもできますね。

1か所の投票所当たりの面積が最も広い江戸川区でもこのような状況です。他の区ではどうでしょうか。調べてみると、投票するためのハードルが少しずつ下がってきませんか?

「そうはいっても、東京だからでしょ」

そんなご意見もあると思います。
期日前投票所がアクセスしやすい場所にあるかどうか。
ぜひ一度、お住いの地域の期日前投票所の場所を調べていただけたらと思います。

期日前投票所の見つけ方

期日前投票所は、公示日までに自宅に送付される投票所入場券や選挙公報で調べることができます。また、お住いの自治体の選挙管理員会に尋ねて教えてもらうこともできます。
なかには、東京都選挙管理委員会のようにwebサイトに掲載しているところもあります。

期日前投票所の多くは公民館などの行政施設に設置されます。学校帰りに立ち寄った図書館と同じ建物にあって、すぐ投票できたなんてこともあるかもしれませんね。なお、建物ごとに投票できる期間はまちまちなのでお気をつけください。

期日前投票所を活用して、気軽に投票してみよう

「投票日は、予定があるから行けない」
「政治や世の中のことをよく知らないから投票してはいけないと感じてしまう」

主権者教育の現場で学生の方からそんな意見を聞くこともあります。

でも大丈夫。期日前投票所や選挙公報などを活用することで、投票するための時間の都合や政治に関する情報収集のハードルを下げることができます。
【関連】とりあえず投票所に行くという選択。投票所でも候補者の情報はあるのでご安心を!  >>

冒頭でご紹介した様に、「宣誓書」を書くこと以外は、投票日に投票するのと同じように投票することができます。

投票所では、年齢や国籍など、投票する資格を持っていることが確認できれば投票できます。
ご自宅に送られてくる投票所入場券がなくても大丈夫です。
「はじめての選挙」を迎える方とお話をすると、「投票所で『政治の仕組みに関するテスト』を受けて合格しないと投票できないんじゃないか」と心配されている方にお会いすることもあります。でも、そんなテストはないので心配しないでくださいね。

投票日となる日曜日には、すでにご予定があるという方も多いかと思います。
そんな時でも諦めてしまわず、ぜひ期日前投票を活用して、政治に対する皆さんの意見を表明されてください。

「期日前投票」を知ることが、投票をより身近なものとしていくための材料の一つとなりましたら幸いです。

この記事をシェアする

原口和徳

原口和徳

1982年埼玉県熊谷市出身。中央大学大学院公共政策研究科修了。早稲田大学マニフェスト研究所 議会改革調査部会スタッフとして、全国の議会改革の動向調査などを経験したのち、現所属にて市民の立場からのマニフェストの活用、主権者教育などの活動を行っている。

選挙ドットコムの最新記事をお届けします

ホーム記事・コラム【衆議院議員選挙2017】10月22日に用事がある人必読! 期日前投票は仕事帰りに手ぶらで行けますよ

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_whiteicon_homeicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube