選挙ドットコム

2017年 第48回衆議院選挙。京都府第1区選挙区から立候補予定の穀田恵二(こくた けいじ)氏の人柄・学歴・経歴は?

2017/9/20

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

2017年10月22日に投開票が行われる第48回衆議院議員選挙において、日本共産党京都府第1区選挙区の公認内定候補者となっている穀田恵二氏の経歴を見てみましょう。

スクリーンショット 2017-10-09 19.49.53

60年安保に触れた穀田氏。立命館大学では学友会の副委員長に

穀田恵二氏は1947年1月11日、岩手県水沢市の生まれで現在70歳です。岩手県立盛岡第一高等学校を卒業後、立命館大学に進学。1965年に日本共産党に入党します。立命館大学文学部人文学科日本文学専攻を卒業後、1969年には立命館大学職員として就職しました。1972年には日本共産党北地区委員会職員になっています。立命館大学職員を退職後は、日本共産党京都北地区委員会に16年間勤務しました。

政治家としては1987年より活躍

1987年の京都市議会議員選挙では、北区選挙区から日本共産党公認候補として出馬し初当選します。1993年の第40回衆議院議員選挙では、旧京都1区から出馬し初当選。1996年の第41回衆議院議員選挙では、小選挙区で敗退。比例近畿ブロックで復活し再選します。

2000年の第42回衆議院議員選挙でも、京都府第1区選挙区で落選。比例近畿ブロックで復活し3選。2003年の第43回衆議院議員選挙では、得票数50,762票を得るも小選挙区で敗退。比例区で復活し4選。2005年の第44回衆議院議員選挙では、得票数55,097票を得るも小選挙区で敗退。比例区で復活し5選。2009年の第45回衆議院議員選挙でも、得票数54,605票を得るも小選挙区で敗退。比例区で復活し6選を果たします。

2012年の第46回衆議院議員選挙では、得票数41,349票を得るも小選挙区で敗退。比例区で復活し7選。2014年の第47回衆議院議員選挙では、得票数53,379票を得るも小選挙区で敗退し、比例近畿ブロックで復活し8選を果たしました。現在は、日本共産党国会対策委員長、常任幹部会委員などの要職に就いています。

この記事をシェアする

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

選挙をもっとオモシロク” 選挙・政治分野における情報公開やITの活用を促進し、国民の関心を高めることで戦後最高の投票率を更新することを目指しています。

選挙ドットコムの最新記事をお届けします

ホーム記事・コラム2017年 第48回衆議院選挙。京都府第1区選挙区から立候補予定の穀田恵二(こくた けいじ)氏の人柄・学歴・経歴は?

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_whiteicon_homeicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube