選挙ドットコム

2017年 第48回衆議院選挙。和歌山県第3区選挙区から立候補予定の二階俊博(にかい としひろ)氏の人柄・学歴・経歴は?

2017/9/20

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

2017年10月22日に投開票が行われる第48回衆議院議員選挙において、自民党和歌山県第3区選挙区の公認内定候補者となっている二階俊博氏の経歴を見てみましょう。

和歌山県議会議員の父を持つ二階氏

二階俊博氏は1939年2月17日、和歌山県御坊市新町の生まれで現在78歳です。父・俊太郎氏は和歌山県議会議員という家庭に育ちました。御坊市立御坊小学校、御坊市立御坊中学校、和歌山県立日高高等学校を卒業後、中央大学に進学。中央大学法学部政治学科を卒業後、元衆議院議員・遠藤三郎氏の政治秘書となります。

政治家としては1975年より活躍

1975年に和歌山県議会議員選挙に出馬し初当選します。1979年の和歌山県議会議員選挙でも再選を果たします。1983年の第37回衆議院議員総選挙では、旧和歌山2区から自民党公認候補として出馬し得票数53,611票を得て初当選を果たしました。1986年の第38回衆議院議員総選挙では再選。1990年の第2次海部内閣では、運輸政務次官に就任します。

1993年には自民党を離党し、新生党結成に参加します。同年の第39回衆議院議員総選挙で3選。細川内閣では運輸政務次官に再任されます。その後、新進党に参加。1996年の第41回衆議院議員総選挙では、和歌山県第3区選挙区から出馬し5選を果たします。1998年には自由党結党に参加しています。

1999年の小渕第2次改造内閣では、運輸大臣兼北海道開発庁長官に就任。2000年には自由党と決別し、保守党を結成します。2000年の第42回衆議院議員総選挙では6選。第1次森内閣では、運輸大臣兼北海道開発長官に留任します。同年、保守党国会対策委員長に就任。2001年には保守党幹事長に就任しました。

2002年には保守新党で幹事長に就任。2003年の第43回衆議院議員総選挙では、得票数148,274票を得て7選を果たします。しかし、保守新党が衆議院選で惨敗。自民党に吸収される形となり、二階氏は自民党に復党しました。2004年には自民党総務局長に就任。2005年の第44回衆議院議員総選挙では、得票数145,735票を得て8選。同年の第3次小泉改造内閣では、経済産業大臣に就任します。

2006年の第1次安倍内閣では、自民党国会対策委員長に就任。2007年には自民党総務会長に就任します。同年の福田内閣では自民党総務会長に留任しています。2008年の福田改造内閣では、経済産業大臣に就任。同年の麻生内閣では、経済産業大臣に再任されています。2009年の第45回衆議院議員総選挙では、得票数117,237票を得て9選。同年には自民党選挙対策局長に就任します。

2012年の第46回衆議院議員総選挙では、得票数112,916票を得て10選。2013年の第2次安倍内閣では、衆議院予算委員長に就任します。2014年の第2次安倍改造内閣では、自民党総務会長に就任。同年の第47回衆議院議員総選挙では、得票数108,257票を得て11選を果たします。

2016年の第3次安倍第2次改造内閣では、自民党幹事長に就任。2017年の第3次安倍第3次改造内閣でも、自民党幹事長に再任されています。

この記事をシェアする

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

選挙をもっとオモシロク” 選挙・政治分野における情報公開やITの活用を促進し、国民の関心を高めることで戦後最高の投票率を更新することを目指しています。

選挙ドットコムの最新記事をお届けします

ホーム記事・コラム2017年 第48回衆議院選挙。和歌山県第3区選挙区から立候補予定の二階俊博(にかい としひろ)氏の人柄・学歴・経歴は?

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_whiteicon_homeicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube