選挙ドットコム

日本最大級の選挙・政治家情報サイト

表の顔は代表・総裁。裏の顔は幹事長、政調会長。政党で本当に偉いのはどの役職?



古井 康介
古井 康介


【抽選で20名にAmazonギフト券1000円が当たる!】選挙ドットコムの使い勝手などのアンケートにご協力をお願いします

党首 総裁 代表 幹事長 政調会長


内閣改造に、蓮舫氏の辞任劇…。波乱の政治状況の中、各政党の「リーダー」に関する報道が目に止まります。

そこで出てくる国会議員の肩書は「首相」「代表」「幹事長」…と様々。会社のような「社長」「部長」「課長」だったり、部活の様な「キャプテン」「副キャプテン」だったりではなく、いまいち政治家の肩書って複雑な印象がありますよね。一体だれが偉いのか、よく分からない… そんなこと、ありませんか?

そこで今回は、政治家の肩書をまとめ風にご紹介。政治家の絶妙なパワーバランスの世界へ出かけてみましょう。





各政党のリーダー「総裁」「代表」「幹部会委員長」「党首」



まずは各政党のリーダーを見てみましょう。どんな中小企業でもやっぱり社長はその組織の行く先を左右するので大きなパワーを持っています。国会では、党首討論と言って各政党のリーダー同士が議論する場も設けられています。

日本の政治で1番強いパワーを持つ、内閣総理大臣はこの各政党のリーダーの中から基本的には選ばれます。選挙で一番当選数が多かった政党のリーダーが、指名を受ける形になるんですね。そのため、与党(今でいうところの自民党)のリーダーは総理大臣に、そして野党第一党(今でいうところの民進党、野党の中で一番勢力が大きい党をこう呼びます)のリーダーは次の総理大臣になる可能性も高いといったように、とても大きな影響力を持っているのです。

さて、そんな党首の呼び名は各政党で違ってきます。イメージするなら部活によって「部長」「キャプテン」「主将」と呼び方が違うようなもの。現在、国政政党の要件を満たしている政党では、以下の通りです。皆さん的に一番カッコイイのはどの呼び名でしょうか。

20663411_1233415530097145_917216375_o





いろんなパワー握ってます「幹事長」



早稲田大学ではサークルのトップを「幹事長」というところも多いそうですが、政党の幹事長は専らNo.1のポジションではなさそうです。しかし、実際にはいろんなパワーを握っていて、党内のいろいろなことを切り盛りしていく役割になります。

例えば、幹事長は「公認権」という物を持っていることが多いです。「公認権」とは選挙の時の候補者を、その政党が「公式に認めた候補者」として認める権利です。もし候補者が公認されなければ、その候補者は政党の協力なしで選挙をしなければならなくなり、お金的な面でも、協力してくれる人的な面でも、その他諸々の制度上な面でも厳しい選挙を強いられることになります。みなさんも、○○議員だから投票した、ということばかりではなく、○○議員は○○党の議員だから投票した、ということはないでしょうか。

チームの一員として認めるか認めないかの権限を握っている幹事長は、いわば選挙の当落を左右する権限を持っているようなものでしょう。

ちなみに、裏を返せば幹事長は公認した候補者の世話をし、選挙で勝てるよう全力でバックアップしなければなりません。その点、選挙が終わった後に党内のあらゆる人に感謝されることも多く、そういった点で党内の仲間を増やせる=次の党のリーダーを決める選挙で有利になるといったことも可能になってくるオイシイポジションです。

自民党の二階敏博幹事長(二階氏公式HPより)

自民党の二階敏博幹事長(二階氏公式HPより)







政策を担当するのは、「政調会長」



次にご紹介するのはこちら、「政調会長」というポジション。政治家の仕事は法律や政策を立案することですが、この政調会長は政党としての政策作りを行うことが仕事となります。

例えばある政党が「◯◯に関する政策を作ろう!」ということを党の方針として掲げたとします。するとこの政調会長を中心に学識経験者などを集めて、どんな政策を実施すれば良いのかを検討します。そこで作られた政策案が、政党のマニフェスト(公約集)に記載されたり、国会に法案として提出されたりするのです。

ちなみにこの政調会長というポジション、政策を司るだけあって党内では「偉い」ポジションとなります。自民党で言えば、この政調会長を経験することが総理総裁への「登竜門」とも言われています。

今回の内閣改造では、5年に渡り外務大臣を務めた岸田文雄衆議院議員が就任。岸田氏は、自民党内でもかなり強いパワーを持ったチーム(派閥)のリーダーでもあります。今回支持率が低下した安倍内閣にとっては、自民党内のサポートを得るためには岸田チーム(岸田派)の協力が不可欠でした。そこで安倍首相は岸田氏の希望を叶え、外務大臣から政調会長に任じました。「登竜門」に至った岸田氏。安倍首相の次は、「岸田総理」の誕生となるのでしょうか?

自民党の岸田政調会長(岸田氏公式HPより)

自民党の岸田文雄政調会長(岸田氏公式HPより)







昔はお世話になりました、「顧問」



そして最後にご紹介するのはこちら、「顧問」というポジション。部活で言うところの顧問は、実に強大なパワーを持っているところから、お飾りのところまで様々ですが、国会議員で言うところの顧問は基本的に元総理や元衆議院議長・参議院議長を務めた人や四半世紀以上議員を務めた人がなるポジションです。いわゆる長老が就任するポジションです。

総理大臣や衆議院・参議院議長という三権のトップを経験した後も、一国会議員として国政に携わっている政治家は結構多いです。そんな国会議員が、顧問として影の権力者となり大きな影響力を持ち続けることもたまにあるようです。ちなみに民進党には「最高顧問」という役職もあります。なんだかとっても強そうです。





複雑な肩書も知恵の結晶



さて、ここまでそれぞれの肩書についてお話してきましたが、こういった肩書は実はよくよく考えられた知恵の結晶という側面もあります。

歴史を見ればわかる通り、権力の椅子を巡り血みどろの争いが長い時間の中で繰り広げられてきました。そんな中で、たくさんの役職をつくり、権力を分散させ、誰が偉いのかをあいまいにすることで、「なあなあ」にさせることが余計な争いを生まないことにもつながっているのかもしれませんね。
古井 康介

古井 康介

選挙ドットコム インターン。 1995年富山県生まれ。慶應義塾大学経済学部在学中。専攻は社会政策、新しい公共、安全保障・外交政策。 NPO法人「僕らの一歩が日本を変える。」ディレクターとして、全国で「票育授業」のプロデュースやハード面の設計から、当日の司会進行までを担当。

Twitter : https://twitter.com/KOSUKEFURUI

Webサイト : https://boku1.org

記事一覧を見る

選挙をもっと、オモシロク。

選挙ドットコムでは”選挙をオモシロク”を合言葉に、より多くの選挙報道・政治家情報を掲載する日本最大級の選挙・政治家情報サイトです

Copyright © 2017 選挙ドットコム All Rights Reserved.