選挙ドットコム

日本最大級の選挙・政治家情報サイト

総務相兼女性活躍担当相に内定。自民党・野田聖子(のだ せいこ)氏の人柄・学歴・経歴は?



選挙ドットコム編集部
選挙ドットコム編集部

本日行われる内閣改造で元総務会長などを務めた野田聖子氏が、総務相兼女性活躍担当相に就任する見通しであることが明らかにされました。

seiko_noda





祖父は大蔵事務次官、参議院議員などを歴任した野田卯一氏



野田聖子氏は1960年9月3日生まれで現在56歳です。田園調布雙葉高等学校を経て、ミシガン州ジョーンズヴィル・ハイスクールを卒業。上智大学に進学します。1983年に上智大学外国語学部比較文化学科を卒業後、帝国ホテルに入社。フロント業務を経て、国際セールス部員に抜擢されました。

祖父は大蔵事務次官、参議院議員などを歴任した野田卯一氏です。





政治家としては1987年より



1987年に、岐阜県議会議員選挙に自民党公認候補として出馬し、初当選を果たします。

1990年の第39回衆議院議員選挙では旧岐阜1区選挙区から出馬するも、落選を経験しています。その後、1993年の第40回衆議院議員選挙にて当選を果たしました。1996年の第2次橋本内閣では郵政政務次官に就任。1998年の小渕内閣では当時最年少で郵政大臣に就任します。2000年には自民党政調副会長、自民党筆頭副幹事長の要職を歴任しました。

その後、2003年の第43回衆議院議員選挙では、得票数92,717票を得て当選。2005年の第44回衆議院議員選挙では、「郵政造反組」として自民党の公認は得られなかったものの、得票数96,985票を得て5選を果たします。

2006年には自民党に復党し、2007年の福田改造内閣では内閣府特命担当大臣に就任します。

2009年の第45回衆議院議員選挙では、得票数99,500票を得たものの敗退しますが、比例東海ブロックで復活当選しています。

その後も2012年の第46回衆議院議員選挙でも当選し、2012年には自由民主党総務会長に就任しています。

2014年に行われた前回の第47回衆議院議員選挙では、得票数82,434票を得て8選を果たしました。2016年には衆議院災害対策特別委員長に就任、現在は自由民主党岐阜県支部連合会会長の要職にも就いています。





キャッチコピーは「約束を守る政治 正直な政治 健康な政治」



野田氏は、政策のキャッチコピーに「約束を守る政治 正直な政治 健康な政治」を掲げ、具体的な政策としては、

政策1「チーム力」を掘り起こす
政策2「潜在力」を最大限伸ばす
政策3 生命力」を蘇らせる
政策4「外交力」を磨く
政策5「民主主義力」を再起動させる


をあげています。
選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

選挙をもっとオモシロク” 選挙・政治分野における情報公開やITの活用を促進し、国民の関心を高めることで戦後最高の投票率を更新することを目指しています。

Twitter : https://twitter.com/go2senkyo

Webサイト : http://go2senkyo.com/

記事一覧を見る

選挙をもっと、オモシロク。

選挙ドットコムでは”選挙をオモシロク”を合言葉に、より多くの選挙報道・政治家情報を掲載する日本最大級の選挙・政治家情報サイトです

Copyright © 2017 選挙ドットコム All Rights Reserved.