選挙ドットコム

1億総活躍担当相に内定。自民党・松山政司 (まつやま まさじ)氏の人柄・学歴・経歴は?

2017/8/3

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

本日行われる内閣改造で、参議院議院運営委員長や外務副大臣、自民党副幹事長、経済産業大臣政務官などを務めた松山政司氏が1億総活躍担当相に就任することが明らかにされました。

matsuyama

元福岡県議会議員・松山譲氏を父に持つ松山氏

松山政司氏は1959年1月20日福岡県築上郡椎田町の生まれで現在58歳です。父は元福岡県議会議員の松山譲氏という家庭に育ちました。福岡県立京都高等学校、福岡国土建設専門学校を卒業。明治大学商学部に進学します。大学卒業後、1988年に福岡青年会議所に入会。1996年には福岡青年会議所理事長に、1999年には日本青年会議所会頭に就任します。

政治家としては2001年より活動

2001年の第19回参議院議員選挙に自民党公認候補として福岡県選挙区より出馬し、得票数601,082票を得て初当選を果たします。2006年の第1次安倍内閣では、経済産業大臣政務官に就任。2007年の第21回参議院議員選挙では、得票数791,152票を得て再選を果たします。

その後、環境委員長、自由民主党副幹事長、議院運営委員会筆頭理事、外務副大臣などの要職を歴任します。2013年の第23回参議院議員選挙では福岡選挙区より出馬し、得票数958,042票を得て3期目の当選を果たしました。参議院自由民主党国会対策委員長代行、自由民主党選挙対策委員長代理を経て、2016年には参議院自民党国会対策委員長の要職に就いています。

キャッチコピーは「『日本は動く』一人ひとりのその小さな勇気から」

松山氏は自身のホームページによれば、政策のキャッチコピーに「『日本は動く』一人ひとりのその小さな勇気から」を掲げ、

・実践の第一歩を始めてこそ地域の自立は考えることから動く
・企業の存在意義を求めていけば景気は動く!!
・親として、一人の大人として、心に目を向ければ、教育は動く

と記しています。

この記事をシェアする

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

選挙をもっとオモシロク” 選挙・政治分野における情報公開やITの活用を促進し、国民の関心を高めることで戦後最高の投票率を更新することを目指しています。

選挙ドットコムの最新記事をお届けします

ホーム記事・コラム1億総活躍担当相に内定。自民党・松山政司 (まつやま まさじ)氏の人柄・学歴・経歴は?

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_whiteicon_homeicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube