選挙ドットコム

日本最大級の選挙・政治家情報サイト

前回は奈良市議トップ当選! 政党「日本維新の会」の公認候補ではなかった「維新の松ちゃん」



選挙ドットコム編集部
選挙ドットコム編集部

奈良市議選で最下位当選を果たした「維新の松ちゃん」こと松下幸治氏。ポスター等に「日本維新の会公認」と記載していましたが、これは国政政党の「日本維新の会」とは別の政治団体であったことから、「誤解を招いた」「有権者を欺くやり方では」との声が上がっています。





奈良市議選に最下位当選した松下氏。2,472票を獲得



今回の奈良市議選は39の議席を50人の候補者が争う混戦となりました。

mastushita

松下幸治氏は39位の最下位で当選を果たしました。当日有権者は305,610人、投票者は155,887人(投票率51.01%)、有効投票数は150,490票、無効投票数は5,805票、松下氏の得票数は2,472票、得票率は1.59%となっています。





国政政党「日本維新の会」の候補者が26票差の次点で落選



松下氏の選挙ポスターを見てみましょう。「維新の松ちゃん」と「維新」の名前が強調されていることが分かります。



さらに今回の選挙結果が注目されることになったのは、惜しくも40位の得票順で落選した新人の堀田恵司氏が国政政党「日本維新の会」の公認候補であったこと、さらに松下氏との得票数がわずか26票差だったことにあります。





「日本維新の会」の名称を使うことは違法ではない



「誤解を招いたのでは」との声があがっている今回のケースですが、松下氏が地域政党として「日本維新の会」の名称を使うことは、違法ではありません。

松下氏が自身を代表者として政治団体「日本維新の会」の設立を総務省に届け出たのは2016年4月です。政党の「維新の会」は2012年に結成した当時は「日本維新の会」でしたが、その後2014年に「結の党」と合流して「維新の党」を結成。さらに2015年に「おおさか維新の会」が発足、2016年に現在の「日本維新の会」となりました。

総務省によると、既存の政党と同じ名称の政治団体の届け出は政治資金規正法で禁止されているものの、松下氏が届け出た時期は、政党の「日本維新の会」は存在していない時期でした。そのために松下氏が地域政党の名称として使用することに問題はない、とされています。

これに対して国政政党「日本維新の会」の松井代表は「あきれるしかないが訴えることもできない」と述べています。





2013年に奈良市議に初当選、過去には大阪市長選や長野市長選にも出馬



今回注目を集めている松下氏ですが、前回2013年の奈良市議選に立候補した際は10,379.877票でトップ当選を果たしています当時のポスターにも「維新の会」の名前が使われていましたが、結果はトップ当選であり、有権者からの支持を集めていたことが分かります。

また、2013年の奈良市議選以外にも、1999年の大阪市長選挙(26,507票、得票率3.99%で最下位)に、2001年の長野市長選挙(2,287票、得票率2.05%で最下位)、2005年の大阪市長選挙(46,709票、得票率6.86%で最下位)に出馬しましたが、いずれも最下位での落選に終わっています。

当選を果たしたのは2013年と先日行われた奈良市議選の2回となっており、2回とも「維新」の名前を掲げている選挙となっています。

ishinnomatsu

(顔写真は松下氏HPより。画像は編集部作成)



今回、松下氏は「日本維新の会」の名称を使用したことについて、「(政党の)維新の支持率が落ちていたため、応援したい気持ちや維新が盛り上がるだろうという考えがあったため(読売新聞)」「維新の候補者全員が当選するようにして仲間を増やそうと思っていた。自分は票を取りすぎないようにしてきた(日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」)」と述べています。



今回のようなケースは珍しいものですが、今後また起こりうる可能性もあります。例えば、「都民ファーストの会」が国政へ進出し、党名を変更すると、今月行われた都議会議員選挙の際に千代田区から立候補した後藤輝樹氏が使用していた「国民ファーストの会」と似たような名前となる可能性も全くないわけではありません。
【関連】裸ポスターで有名。後藤輝樹候補の選挙資金、ポスターの戦略とは?  >>
選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

選挙をもっとオモシロク” 選挙・政治分野における情報公開やITの活用を促進し、国民の関心を高めることで戦後最高の投票率を更新することを目指しています。

Twitter : https://twitter.com/go2senkyo

Webサイト : http://go2senkyo.com/

記事一覧を見る

選挙をもっと、オモシロク。

選挙ドットコムでは”選挙をオモシロク”を合言葉に、より多くの選挙報道・政治家情報を掲載する日本最大級の選挙・政治家情報サイトです

Copyright © 2017 選挙ドットコム All Rights Reserved.