選挙ドットコム

14,875選挙・285,139の候補者情報、日本最大級の選挙・政治家情報サイト

【静岡県知事選】新人 溝口紀子氏の人柄・学歴・経歴は?



選挙ドットコム編集部
選挙ドットコム編集部

6月8日告示、6月25日投開票の静岡県知事選に新人の溝口紀子氏(45)が立候補しました。なお静岡県知事選には3選を目指す現職の川勝平太氏(68)も立候補しており、現職と新人の一騎打ちとなりました。

mizoguchi





磐田市に生まれ育ち、埼玉大・東大大学院を卒業



溝口氏は1971年7月23日静岡県磐田市生まれ、現在は45歳です。福田町立福田小学校、福田町立福田中学校、静岡県立浜松西高等学校、埼玉大学教育学部を卒業、埼玉大学大学院修士課程、東京大学大学院総合文化研究科国際社会科学専攻 相関社会科学分野博士後期課程を修了しました。大学院では教育学修士、学術博士の学位を取得しています。





柔道家として、教育者として、研究者として実績を重ねる



溝口氏と言えばバルセロナオリンピックの柔道女子銀メダリストとして知られています。柔道を始めたのは小学校4年生で、高校2年生で出場した全日本選抜柔道体重別選手権52kg級の当時10連覇中の女王・山口香氏を破った試合が印象に残っている人も多いでしょう。1992年バルセロナ五輪での銀メダル獲得、1996年パリ国際大会で4度目の大会制覇、同年アトランタオリンピック準々決勝進出など華々しい成績を残しました。

1996年に引退し、1997年に埼玉大院で教育学修士を取得、1997年から2005年まで静岡県立大学短期大学部社会福祉学科の助手を、2005年から静岡文化芸術大学で教育者・研究者として務めていました。2015年には東大院にて学術博士の学位を取得しています。

また柔道家であったことからフランス・スポーツ省の柔道ナショナルコーチ、フランス柔道連盟のナショナルコーチを務めたこともあります。現在は日本武道学会評議員、全日本柔道連盟評議員、スポーツ庁技術選定委員など、スポーツに関する要職を担っています。





県政を変えなければならないと決意した理由は「危機感」



今年5月、出馬表明後初となる街頭演説を行った際、溝口氏は「県政を変えなければならないという危機感を持っている」と述べました。2016年、静岡県は転出超過が全国ワースト4位を記録し、人口減少問題を抱えています。自らがその活力を生む起爆剤となりたい、と溝口氏は訴えました。また子育てしながら東京大学博士課程の受験をした経験があり、静岡県は子育てがしにくいと実感したことも今回の出馬につながっているとしています。また、2020年のオリンピックに向けて「スポーツの力を発揮できるのは自分だけ」とも述べています。

7月2日投票!東京都議会議員選挙の候補者を網羅した特設サイト公開中!


東京都議会議員選挙

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

選挙をもっとオモシロク” 選挙・政治分野における情報公開やITの活用を促進し、国民の関心を高めることで戦後最高の投票率を更新することを目指しています。

Twitter : https://twitter.com/go2senkyo

Webサイト : http://go2senkyo.com/

記事一覧を見る

選挙ドットコムでは”選挙をオモシロク”を合言葉に、より多くの選挙報道・政治家情報を集めています。あなたも選挙ドットコムのサポーターになって協力してくれませんか?

Copyright © 2017 選挙ドットコム All Rights Reserved.