選挙ドットコム

【都議選】武蔵野市。都民ファーストの会公認 鈴木邦和(すずき・くにかず)氏の人柄・学歴・経歴は?

2017/5/21

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

都民ファーストの会から武蔵野市選挙区において、公認候補予定者とされている鈴木邦和(すずき・くにかず)氏。

kunikazu_suzuki

なお、同じ武蔵野市選挙区には自民党の公認の現職・島崎義司氏、民進党公認の元職・松下玲子氏らが立候補を予定しています。
武蔵野市の候補者一覧、情勢まとめも掲載!東京都議会議員選挙 特設サイトはこちら  >>

togisen170524

政治サイト「日本政治.com」運営。米フォーブス誌のアジアを代表する若者30名に選ばれる

鈴木邦和氏は1989年2月17日神奈川県の生まれで現在28歳です。東京大学工学部精密工学科を卒業。2011年の在学中に東日本大震災の支援団体「UT-Aid」を設立し、2000名のボランティアを東北に派遣しました。2012年には政治・選挙のポータルサイト「日本政治.com」を設立。2013年には東京大学総長大賞(UT-Aid団体受賞)を受賞しています。さらに2016年には、米フォーブス誌のアジアを代表する若者「30 under 30 in Asia」に選出されています。

政治の道へのきっかけは東日本大震災ボランティア

2011年に鈴木氏は東日本大震災の支援団体を設立し、ボランティアを派遣しています。その時、行政の役割の大きさと機能不全を実感したと言います。震災ボランティアは「いまの政治の構造的な課題を変えられるような仕事をしたい」と考えるきっかけとなりました。

もともと政治家になるつもりはなく、一般企業への就職活動をしていました。しかし「政治を変える」という決意が薄らぐのを感じ、起業して政治メディアを立ち上げることに。2012年に「日本政治.com」を設立しました。有権者にとって、政治は分かりにくいものです。また、政治家にとってはなかなか自分たちの声が届きにくい。鈴木氏は「政治家と有権者とのコミュニケーションギャップを埋めるのが自分の役割」と考えています。

現在は、小池百合子都知事の政治塾「希望の塾」の塾生です。

キャッチコピーは「声なき声を未来に届ける」

鈴木氏は、HPによれば、政策のキャッチコピーに「声なき声を未来に届ける」を掲げ、具体的な政策としては、

1.都議会の抜本的改革
2.首都直下地震の対策
3.待機児童ゼロ
4.満員電車の解消
5.世界に挑む経済都市
6.健康寿命の延伸
7.五輪レガシーの充実
8.武蔵野の未来づくり

を揚げています。

この記事をシェアする

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

選挙をもっとオモシロク” 選挙・政治分野における情報公開やITの活用を促進し、国民の関心を高めることで戦後最高の投票率を更新することを目指しています。

選挙ドットコムの最新記事をお届けします

ホーム記事・コラム【都議選】武蔵野市。都民ファーストの会公認 鈴木邦和(すずき・くにかず)氏の人柄・学歴・経歴は?

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_whiteicon_homeicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube