選挙ドットコム

【都議選】世田谷区。都民ファーストの会公認 木村基成(きむら もとなり)氏の人柄・学歴・経歴は?

2017/5/20

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

都民ファーストの会から世田谷区選挙区において、公認候補となっている木村基成(きむら もとなり)氏。

motonari_kimura

なお、同じ世田谷区選挙区の候補者は以下よりご覧いただけます。
世田谷区の候補者一覧、情勢まとめも掲載!東京都議会議員選挙 特設サイトはこちら  >>

togisen170524

10年の会社員生活の後、政治家秘書へ

木村基成氏は1969年10月7日の生まれで現在47歳です。都立広尾高等学校を卒業後、東京経済大学に進学。大学卒業後は法政大学大学院に進学。修士課程を修了しています。法政大学大学院修士課程を修了後、海洋土木系建設会社に約10年間勤務。経営企画部門で活躍しました。退職後は政治家秘書の道へと進みます。

政治家としては2013年より

木村氏は、参議院議員 中川雅治氏の公設第一秘書を9年間務めています。

自身が政治家として活動をはじめたのは2013年からです。2013年の東京都議会議員選挙では、自民党公認候補として小金井選挙区から出馬。得票数15,075票を得て初当選を果たしました。2017年2月に、自民党党本部で下村博文都連会長に離党届を提出。現在は、都民ファーストの会・都政改革委員、都民ファーストの会・世田谷区第二支部長に就いています。

キャッチコピーは「私たちが、東京大改革を進めていく」

木村氏のホームページは現在リニューアル中ですが(5月20日時点)、木村氏が所属する都民ファーストの会のホームページによれば、政策のキャッチコピーに「私たちが、東京大改革を進めていく」を掲げ、具体的な政策としては、

「東京大改革」とは、首都東京を、将来にわたって、経済・福祉・環境などあらゆる分野で持続可能な社会となりえるよう、新しい東京へと再構築すること。

東京の魅力ある資産を磨き直し、国際競争力を向上させること。

都民一人ひとりが活躍できる、安心できる社会にステージアップすることである。

そのための大原則を「都民ファースト」「情報公開」「賢い支出(ワイズスペンディング)」とする。

私たちが自らの名に「都民ファースト」を冠するのは、都政の第一目的は、都民の利益を最大化すること以外にないと考えるからである。

一部の人間、集団の利益のために都政があってはならない。

私たちは、旧来の勢力に囚われている都政を解き放ち、躊躇なく東京を活性化し、行政力の強化を行う。

区部のさらなる発展を図り、多摩・島嶼振興を積極的に推進することで、東京2020オリ

ピック・パラリンピック後も輝き続ける首都東京を創造していく。

をあげています。

この記事をシェアする

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

選挙をもっとオモシロク” 選挙・政治分野における情報公開やITの活用を促進し、国民の関心を高めることで戦後最高の投票率を更新することを目指しています。

選挙ドットコムの最新記事をお届けします

ホーム記事・コラム【都議選】世田谷区。都民ファーストの会公認 木村基成(きむら もとなり)氏の人柄・学歴・経歴は?

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_whiteicon_homeicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube