選挙ドットコム

14,875選挙・285,139の候補者情報、日本最大級の選挙・政治家情報サイト

【和光市長選】行財政改革や子育て政策に注目!現職 松本武洋氏 VS 新人 大沢雄一氏



選挙ドットコム編集部
選挙ドットコム編集部

wako

任期満了に伴う和光市長選が5月14日告示されました。今回立候補したのはいずれも無所属で現職の松本武洋氏(48)、新人の大沢雄一氏(52)の2名です。投開票は5月28日に実施されます。

前回は松本氏の無投票当選であったため、8年ぶりの選挙戦となりました。市長として2期の実績を持つ松本氏に、新人の大沢氏が挑みます。





日本一住みたいまちを実現するため、市民一人一人が地域とつながる社会づくりを。現職 松本武洋氏



takehiro_matsumoto

3選を目指す松本氏は、これまでの2期を振り返り、市の借金を約20億円圧縮したという行財政改革をアピールしつつも「課題は残っている。さらなる情熱を持って日本一住みたいまちを実現したい」と意欲を見せています。地域包括ケアおよび都市基盤整備の推進、認定こども園の整備を公約に掲げました。「夢と希望を実感しながら、市民一人一人が地域とつながる社会を作りたい」と訴えています。

また他の公約としては、和光市駅前の整備やエスカレーターの設置、企業誘致などによる市内産業の活性化を挙げました。

松本氏は早稲田大学出身。ベンチャー投資会社や渡欧協経済新報に勤務した後、2003年に無所属で出馬し、得票数5位で初当選。市議を2期務めた後、2009年の市長選で初当選を果たしました。現在は市長として2期目、また関西学院大学客員教授や放送大学講師を務めています。





行財政改革を実行し、認定こども園の増設や廃棄物処理センターの整備を。新人 大沢雄一氏



yuichi_ohsawa

新人の大沢氏は行財政改革を実行、市の財政の健全化実現を目指しています。さらに「老朽化した廃棄物処理センターの整備、幼稚園の新設を進め、安らぎと潤いをもたらす和光市を目指したい」と方向性を打ち出しました。和光市は1982年から幼稚園が増えておらず、また幼稚園と保育所を統合した「認定こども園」がなく、未就学児の受け皿を増やすべく新設を目指したい考えです。

さらに福祉政策および補助金制度の充実、市清掃センターの新設または近隣自治体との連携処理を公約に掲げています。

大沢氏は和光高校出身。市の消防団員を経て、食肉卸会社の社長に就任しました。また、白子熊野神社青年部員なども務めています。





前々回の投票率は43.29%、前回は無投票。今回は?



行財政改革や子育て政策に注目が集まりそうな今回。これまでの実績を強調する松本氏、未就学児の受け皿を増やすべきだと訴える大澤氏。市民の賛同を得られるのはどちらの候補者でしょうか。
選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

選挙をもっとオモシロク” 選挙・政治分野における情報公開やITの活用を促進し、国民の関心を高めることで戦後最高の投票率を更新することを目指しています。

Twitter : https://twitter.com/go2senkyo

Webサイト : http://go2senkyo.com/

記事一覧を見る

選挙ドットコムでは”選挙をオモシロク”を合言葉に、より多くの選挙報道・政治家情報を集めています。あなたも選挙ドットコムのサポーターになって協力してくれませんか?

Copyright © 2017 選挙ドットコム All Rights Reserved.