選挙ドットコム

【都議選】練馬区。自民党公認 山加朱美(やまか あけみ)氏の人柄・学歴・経歴は?

2017/5/16

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

練馬区選挙区において自民党公認である山加朱美氏。

akemi_yamaka

なお、同じ練馬区選挙区の候補者は以下よりご覧いただけます。
練馬区の候補者一覧、情勢まとめも掲載!東京都議会議員選挙 特設サイトはこちら  >>

togisen170524

スチュワーデスやパーソナリティー、歌手として活動

山加氏は1954年6月23日群馬県の生まれで現在62歳です。都立北高等学校、神田外語学院を卒業し、全日本空輸株式会社に84期スチュワーデスとして入社しました。その後全日空を退社、フリーアナウンサーに転職。テレビやラジオに出演し、司会者やパーソナリティーとして活動しました。歌手としてもデビューしますが、1989年に不慮の事故に遭い右下肢機能障害4級と認定。車いす生活を余儀なくされました。

4期にわたる都議活動。ヘルプマークを東京都から全国へ広めたい

2001年、山加氏は都議に立候補、初当選を果たします。これまでの4期の間に、東京都議会自民党副政調会長、厚生委員会理事、各会計決算特別委員会副委員長、警察・消防委員会委員長、火災予防審議会委員、公営企業会計決算特別委員会副委員長、東京都監査委員などを歴任しました。

また、外見からは障がい者と分かりにくい人が支援を求めやすくするための「ヘルプマーク」を、国内統一マークとすることを提案しました。2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けての取り組みとして、新聞等のメディアでも報道されました。

福祉が基本的な生活になる世の中を目指す

山加氏のキャッチコピーは「生涯福祉!都政バリアフリー!」。事故から中途障害を背負い、生活の全てが「バリアだらけ」になってしまったと振り返ります。そして、「背負った不自由は本人の努力と周囲の支え、公助により可能な限り補うべきだ」と訴えます。

また生涯学習、生涯スポーツと同じく「生涯福祉」を標榜し、福祉が基本的な生活そのものと考える時代だと捉え、安全で自由な行動という人間の基本的な願いを確保するのにバリアフリーに取り組みたい、と山加氏はホームページで語っています。

この記事をシェアする

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

選挙をもっとオモシロク” 選挙・政治分野における情報公開やITの活用を促進し、国民の関心を高めることで戦後最高の投票率を更新することを目指しています。

選挙ドットコムの最新記事をお届けします

ホーム記事・コラム【都議選】練馬区。自民党公認 山加朱美(やまか あけみ)氏の人柄・学歴・経歴は?

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_whiteicon_homeicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube