選挙ドットコム

【都議選】大田区。都民ファーストの会公認 森愛(もり あい)氏の人柄・学歴・経歴は?

2017/5/6

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

都民ファーストの会から大田区選挙区において、公認候補予定とされている森愛(もり あい)氏。

ai_mori

なお、同じ大田区選挙区の候補者は以下よりご覧いただけます。
大田区の候補者一覧、情勢まとめも掲載!東京都議会議員選挙 特設サイトはこちら  >>

togisen170524

横浜市生まれの森愛氏。ナレーター・レポーターとして活躍

森愛氏は1977年5月30日横浜市の生まれで現在39歳です。1996年神奈川県立港北高校卒業後、専修大学経済学部国際経済学科に進学します。1999年には東京アナウンスアカデミーキャスター・レポーター科にも入学。2000年には専修大学・東京アナウンスアカデミーキャスター・レポーター科を卒業し、ナレーター・レポーターとして活動を開始します。

選挙スタッフとして選挙に関わる

2002年岡崎幸夫前都議会議員の選挙スタッフとして、選挙に関わりを持つことになります。2005年には岩國哲人衆議院議員秘書になり、政治の道へと進みます。

自身が政治家となったのは2007年の大田区議会議員選挙からです。最年少として初当選を果たします。大田区議会民主党副幹事長、都市・環境委員会副委員長、スポーツ・観光対策特別委員会委員長、交通・臨海部活性化特別副委員長などをの要職を歴任。大田区区議会議員として3期の実績があります。

キャッチコピーは「こどもは未来!やります!本気の子育て支援!」

森氏はHPによれば、政策のキャッチコピーに「こどもは未来!やります!本気の子育て支援!」を揚げ、具体的な政策として、

・待機児童対策
待機児童ゼロ!を目指し、大田区では26年度1000人の保育定員の拡充を行いました。

・税金の無駄使いをなくす!
政治活動費の透明化、海外視察の見直し、天下りの禁止。

・東京から環境立国を目指す
大田区のものづくり技術を活用しながら小型風力や小水力も含め、再生可能エネルギーの地産地消を東京都から推進していきます。

・環境にも健康にもいい自転車のまちづくり
大田区において大型地下駐輪場の設置に取り組み、蒲田駅東口に大型地下駐輪場の設置が決定いたしました。

・国際都市東京&ものづくり世界一大田へ
国際戦略特区として東京都のアジアヘッドクォータ構想をけん引する大田区をアジアの「ものづくりハブ」を目指す。

とあげています。

この記事をシェアする

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

選挙をもっとオモシロク” 選挙・政治分野における情報公開やITの活用を促進し、国民の関心を高めることで戦後最高の投票率を更新することを目指しています。

選挙ドットコムの最新記事をお届けします

ホーム記事・コラム【都議選】大田区。都民ファーストの会公認 森愛(もり あい)氏の人柄・学歴・経歴は?

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_whiteicon_homeicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube