選挙ドットコム

14,875選挙・285,139の候補者情報、日本最大級の選挙・政治家情報サイト

【都議選】都議会議員選挙 公認候補予定者一覧(2017年4月9日時点)



選挙ドットコム編集部
選挙ドットコム編集部

選挙ドットコムでは6月23日告示・7月2日投開票予定の都議選に向けて、各種特集をお届けしております。

(4月13日更新)最新情勢調査はこちら
市場移転は「豊洲」が3割超え。自民支持は4.78%増加だが、1位は変わらず都民ファースト|都内世論調査第2回  >>
51ebb65c-0f45-4d41-9b21-e794682376b5

あわせて、2017年4月10日までに各党から発表された、公認候補予定者の一覧を公開します。
なお、公認を得た後に離党を表明している候補者や、会派に所属しているものの公認が出ていない候補者、現職であるが次回の立候補を明言していな都議などは便宜上一覧表では公認を得ていた選挙区・現職の場合は自身の選出選挙区に名前を記載をしております。





各党とも情勢は流動的


民進党では「離党ドミノ」と表現されるように公認を得ていた候補予定者が相次いで離党を表明しています。当初は36名を予定していた公認候補の内、現時点まででは7名が離党を表明。7名の内、4名は都民ファーストの会の公認候補としての出馬が予定されています。
7日には民進党都連幹事長の長島昭久氏は都連幹事長の辞任とともに、民進党の離党を表明し、都議選のみなず国政への影響も見られています。

また、自民党からも2月中に2名、都民ファーストの会へ移籍しています。

都民ファーストの会は現時点まででの公認候補は25名にとどまっており、都議会の定数127名の過半数である64名に届いていません。

今後、都民ファーストの会が公認候補者の発表のペースを上げていくのか、またすでに公認候補の擁立に一定のめどが立っている他党が手堅く選挙戦を進めるのか。空白となっている選挙区も一定残っており、目玉候補の擁立の可能性もあり、情勢は流動的です。

temp_A4×2
選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

選挙をもっとオモシロク” 選挙・政治分野における情報公開やITの活用を促進し、国民の関心を高めることで戦後最高の投票率を更新することを目指しています。

Twitter : https://twitter.com/go2senkyo

Webサイト : http://go2senkyo.com/

記事一覧を見る


  • Facebook
  • Twitter
  • Google

選挙ドットコムでは”選挙をオモシロク”を合言葉に、より多くの選挙報道・政治家情報を集めています。あなたも選挙ドットコムのサポーターになって協力してくれませんか?

Copyright © 2017 選挙ドットコム All Rights Reserved.