選挙ドットコム

2019年4月に迫る統一地方選、前回2015年の奈良県知事選挙の結果は?|荒井正吾氏が当選

2017/4/1

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

2019年4月に統一地方選が迫っていますが、前回2015年4月12日に行われた奈良県知事選挙には荒井正吾氏、山下真氏、谷川和広氏、岩崎孝彦氏の4名が立候補し、283,432票を獲得し荒井正吾氏が当選しました。投票率は51.05%でした。

荒井正吾氏 283,432票
山下真氏 227,687票
谷川和広氏 39,127票
岩崎孝彦氏 14,903票

荒井氏は1945年奈良県大和郡山市生まれ、東京大学法学部卒業。1968年に運輸省に入省しました。1972年に米国シラキュース大学マックスウェル行政大学院を卒業。その後、OECD日本政府代表部、運輸省自動車交通局長、海上保安庁長官、参議院議員、外務大臣政務官、参議院文教科学委員長などを歴任。2007年から3期連続で奈良県知事選に当選を果たしています。

 

この記事をシェアする

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

選挙をもっとオモシロク” 選挙・政治分野における情報公開やITの活用を促進し、国民の関心を高めることで戦後最高の投票率を更新することを目指しています。

選挙ドットコムの最新記事をお届けします

ホーム記事・コラム2019年4月に迫る統一地方選、前回2015年の奈良県知事選挙の結果は?|荒井正吾氏が当選

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_whiteicon_homeicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube