選挙ドットコム

14,875選挙・285,139の候補者情報、日本最大級の選挙・政治家情報サイト

EU離脱も?フランス大統領選挙に全世界が注目する3つの理由



齋藤 貴
齋藤 貴

pixta_8319199_S

アメリカの大統領選挙でトランプ氏が勝利したことにより、連日報道ではアメリカの行方に注目が集まっています。
同じく世界中から注目を集める選挙が来年行われます。それは、フランスの大統領選挙です。


オランド大統領撤退とサルコジ前大統領敗北、そして極右ルペン氏の台頭


来年行われるフランス大統領選選挙が注目を集めている理由は、3つあります。

1.現職フランソワ・オランド大統領選挙からの撤退


1つ目は、現職フランソワ・オランド大統領の撤退です。オランド大統領は、12月1日のテレビ演説で次の大統領選に出馬しないことを表明しました。オランド氏は、公約としていた経済再建に失敗したほか、同時多発テロへの対応に失敗したことにより、支持者からも無党派層からも支持を失ってしまっています。

現職の大統領が立候補せずに2期目をあきらめるのは、現在の政治体制になって初めてのことであり、いかに人気が失墜していたかが分かります。
オランド大統領が所属する社会党では、まだ大統領選の候補者は決まっていません。しかし、オランド大統領の歴史的不人気により、大統領選では苦戦を強いられることが濃厚になっています。

2.サルコジ氏の予備選挙での敗北


2つ目は、前大統領ニコラ・サルコジ氏が大統領選の候補者を選ぶために行われる、中道右派連合の予備選挙で敗北したことです。
中道右派連合の予備選挙でサルコジ氏は、イスラム系の移民に対して公共の場での宗教的な服装を禁じることを大々的に公約に掲げるなど、排外主義的な主張を展開していました。

フランスでは昨年パリで、今年はニースで移民によるテロが発生していることにより、移民、難民を排斥する動きが強まっています。そのため、サルコジ氏は本選挙まで進むのではないかと予想されていただけに、今回の敗北は意外性を持って受け止められました。

今回予備選で勝利し共和党の候補者になったのは、フランソワ・フィヨン氏です。サルコジ氏ほどではないものの、彼もまた公共の場におけるイスラム教徒の宗教的な服装の着用を制限することを主張しており、移民、難民を排斥する空気の広がりが見て取れます。

3.第三極の台頭


そして、3つ目は極右政党国民戦線のマリーヌ・ルペン氏の台頭です。ルペン氏はEUをフランスの主権を侵害するものとして強く批判しているほか、外国人の社会保障や公共サービスの利用を制限することを主張しています。
事実上の二大政党制であったフランスでは、二大政党を担う社会党と中道右派連合によって大統領の椅子が争われてきました。しかし、社会党人気が低迷し、テロやトランプ氏の勝利によって移民や難民への不安が高まった結果、ルペン氏が主たる候補として躍り出たのです。


本命はフィヨン氏とルペン氏の対決か


フランスの大統領選挙はアメリカの大統領選挙と似ています。まずは主要政党の候補者が予備選で決定され、その後に本選挙が行われます。
本選挙で過半数の票を獲得した候補がいなかった場合は、上位二候補によって決選投票が行われ、次期大統領が決定するという仕組みです。現在は国民戦線のルペン氏と中道右派連合のフィヨン氏が候補者として決定していますが、社会党の候補者は来年初めに決定されます。

現在多くの報道では、フィヨン氏とルペン氏が争うことになると予想されています。ルペン氏もフィヨン氏もいずれも移民に対して強硬的であり、いかに移民や難民の権利を制限するかという方向に議論が向かってしまうのはほぼ間違いないでしょう。予備選では過激な発言を抑制したフィヨン氏ですが、今後再びテロが起きるなどした場合、過激な発言をせざるを得ない状況に陥るかもしれません。その場合、どちらが勝ったにしても、反移民への圧力が強まることになります。

また、仮にルペン氏が勝利した場合、フランスまでもがEU離脱を真剣に検討することとなると予想されています。その場合、イギリスのEU離脱決定に続いてEUの結束にヒビが入ることになり、影響は測りかねません。イギリス、フランスが共にEUを離脱した場合、EUの存在意義は大きく傷つけられてしまいます。

2016年はアメリカ大統領選挙が注目を集めていましたが、2017年はフランスの大統領選挙に注目です。
齋藤 貴

齋藤 貴

ペンネーム。23歳大学生。大学では政治学を専攻。テレビドラマ『相棒』が大好きです。

記事一覧を見る


  • Facebook
  • Twitter
  • Google

選挙ドットコムでは”選挙をオモシロク”を合言葉に、より多くの選挙報道・政治家情報を集めています。あなたも選挙ドットコムのサポーターになって協力してくれませんか?

Copyright © 2016 選挙ドットコム All Rights Reserved.