選挙ドットコム

日本最大級の選挙・政治家情報サイト

連合が自民党二階幹事長と会談 野田民進党は消費税率据え置きに反対して財界に媚びを売る



猪野 亨
猪野 亨

※本記事は「弁護士 猪野 亨のブログ」の転載となります。記事内容は執筆者個人の知見によるものです。

noda

蓮舫氏が代表になり、今後の民進党に注目が集まりましたが、野田佳彦氏が幹事長に選任された途端、誰もが落胆しました。喜んだのは自民党支持層ばかりです。

連合も喜んだようです。
岡田前代表の元で野党共闘、特に日本共産党との協力関係のもとで参議院選挙を戦ってきたことに対して、連合には強い不満があったからです。
新潟県知事選挙でも東京10区、福岡6区のそれぞれの補選でも連合は、野党共闘に対する敵意を剥き出しにしてきました。
そして、何と自民党二階幹事長との会談です。
自民・二階俊博幹事長、「機会あるごとに連合とは話し合っていきたい」 民進党への揺さぶりか」(産経新聞2016年10月28日)
「自民党の二階俊博幹事長は28日午前の記者会見で、26日に東京都内のホテルで連合の神津里季生(こうづ・りきお)会長と会談した経緯を踏まえ「これからも機会あるごとに連合とは話し合っていきたい」と述べ、引き続き意見交換する意向を明らかにした。」

二階氏側から仕掛けたようですが、連合と民進党を分断しようという思惑です。
他方で、連合自身も民進党と共産党を分断したいという思惑からこの会談に応じたわけです。もともと構造改革を推進する連合が自民党を応援したとしても何の違和感もありません。
連合の右翼的再編の末路 民進党は連合に依存しても集票は期待できない 連合の再編は避けられない

もっとも、労組丸抱えの候補が民進党から議席を得ていますので、そう簡単に縁が切れるものではありません。労組の丸抱えの候補を自民党が受け入れる見込みは今のところはないからです。
それでも自民党がいずれは本気で分断を図ろうとした場合、大企業傘下の労働組合からであれば自民党からの擁立もあり得ることです。
思い出しますよね、鈴木貴子氏を民進党から分断させるために自民党から立候補させるというエサで釣ったことを。

この民進党ですが、何と消費税率10%引き上げを見送ることに対して反対を表明するというのです。
連合に牽制された民進党ですが、財界に媚びを売ろうというのです。
消費税率10%引き上げ延期法案 民進が反対決定」(NHK2016年10月28日)
「民進党は「次の内閣」を開き、消費税率を10%に引き上げる時期を来年4月から2年半延期するための法案について、アベノミクスの失敗によるものだとして、今後の採決で反対することを決めました。」

今の民進党は、完全に野田佳彦氏が全ての実権を握っているという状況です。
未だに消費税率を10%に引き上げに固執する野田氏。
3党合意によって民進党(旧民主党)が大敗し、あれほどまでに国民の支持を失ったというのに、再び消費税率を引き上げを推進しようというのです。
野田氏の目が向いているのは、財界です。財界の支持を得ようとして躍起になり、3党合意を実現した野田氏(当時、首相)でしたが、財界からは歓迎されただけで支持はなし、カネもなし、当然のことながら国民からの支持も失い、民主党は壊滅的な打撃を受けたわけです。
民進党が財界に媚びを売っても、票もカネも来ないだけでなく、現在の民進党支持層の支持を失うだけであるにも変わらず、相変わらず同じ路線に固執するというのは異常です。
問題なのは、民進党内で、この消費税増税路線を批判する声が上がらないということです。蓮舫氏を支持した民進党国会議員が、幹事長に野田氏ということがわかっていて蓮舫氏に投票したのでしょうか。信任手続きでは拍手もまばらだったというのですから、民進党議員の多くが絶望的な気分に陥ったことでしょう。

連合こそ再編しろと思っていましたが、その前に民進党が分裂か支持を失って壊滅でしょう。今後、行われる世論調査にすぐに反映すると思いますが、民進党議員たちがそのときになって慌てても、みっともない姿をさらすだけです。

民進党がこれでは野党共闘(選挙協力)は成り立ちません。
民進党の腑抜けさが歴然としてしまった以上、他の野党3党は民進党に見切りをつけた方が良いかもしれません。
蓮舫民進党は長くは持ちません。

※本記事は「弁護士 猪野 亨のブログ」の転載となります。オリジナル記事をご覧になりたい方はこちらからご確認ください。
猪野 亨

猪野 亨

1968年生まれ/1992年北海道大学法学部卒業/1998年弁護士登録/2000年いの法律事務所開設 司法改革から政治経済、世界情勢にいたるまで幅広く意見を発信している。 法科大学院の廃止、弁護士人口激増の阻止、裁判員制度の廃止へ向け精力的に活動中。

Webサイト : http://inotoru.blog.fc2.com/

記事一覧を見る

選挙をもっと、オモシロク。

選挙ドットコムでは”選挙をオモシロク”を合言葉に、より多くの選挙報道・政治家情報を掲載する日本最大級の選挙・政治家情報サイトです

Copyright © 2016 選挙ドットコム All Rights Reserved.