選挙ドットコム

参議院議員 木村義雄氏 インタビュー

2016/10/20

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

政治家の本当の姿を伝える、選挙ドットコム「政治家インタビュー企画」。
今回は、自由民主党の参議院議員、木村義雄氏にお話をうかがいました。

木村氏は、中央大学卒業後、大手銀行勤務、議員秘書を経て1983年香川県議会議員に初当選。衆議院議員を7期務めた後、2013年より参議院議員を務めています。

<参考>ホームページ:http://kimuyoshi.net/

【政治家を志したきっかけは何ですか?】

参議院議員 木村義雄
私が政治家を志したきっかけは、主に3つあります。
1つは、父が政治家だったということもあり、周囲の方々が父の思いを継いで政治家になってほしいと心から応援してくださったことです。

もう1つは、銀行員時代に調査部に配属され、世界経済が動くさまを目の当たりにした経験から、傍観者でなく動かす立場に立ちたいと感じたことです。

そして、父が病気になって入院をした時に、病院内外を幾度となくたらい回しにされた経験が強く影響しています。日本の高齢化社会が抱える問題をどうにかしたいという思いがありました。

 

【政治信条を“ひとこと”で表現していただけますか?】

「道は近くにある」。
慌てていると見落としがちだが、よく見たら本当に通るべき道はすぐ近くにあるものだったりする。落ち着いてじっくりと足元を見て、身近なものこそ大切にしていきたい。

 

【特に力を入れている政策について教えていただけますか?】

私が特に力を入れている政策は、厚生行政についてです。
特に高齢者が安心して長生きできる仕組みづくりに注力したいと考えています。
定年退職をした人たちには、2つの財布があります。1つは年金ですね。もう1つは預金の利息です。ところが、実際には低金利政策やマイナス金利といったデフレ政策が20年間続いています。2つ目の財布である利息が機能していないんですね。
これでは平均寿命が延びても安心して長生きをすることができません。現在の政策が限界まできてしまっている以上、彼らの第三の所得の確保や再配分をしないと何千万人という方々が先行き不安になってしまう。それは避けたいですよね。
現在の仕組みを補うもの、それだけではなく、それを上回る仕組みを作らなければならないのです。私はこれをずっと訴えています。
若者向けの政策も話題になっていますが、若者は高齢者の背中を見ています。高齢者が呆然としている未来を見て、若者が希望を持てるでしょうか?私は、高齢者が安心して暮らせる仕組みを医療・介護も含めて作っていくことが必要だと考えています。

参議院議員 木村義雄

 

【あなたにとって選挙とは何ですか?】

国民の皆様から信任を得ること、これに尽きると思います。
私はこれまで中選挙区、小選挙区、そして全国比例の選挙に出馬しました。その中でも、2013年の参院選で全国比例で出馬したことは大変良い経験になったと思っています。小選挙区では、本当に狭いところでの選挙戦でしたが、全国比例ですと北海道から沖縄まで色々な地域に行き、各地の面白い人に出会い様々なお話が聞けるんです。
もちろん全国比例制度の全てが完璧なものだとは申し上げません。しかし、選挙区が変わって全国比例に挑戦して、視野が広がりました。地元である香川県と各地の比較も出来て、香川県の問題も分かってくる。新幹線が通っている地域と通っていない地域の活気の差などもよく分かる。
全国比例の選挙を経験して、選挙は単に自分を選んでいただくものというだけではなく、自分の視野を広げる良いきっかけになるものでもあると気付きました。

参議院議員 木村義雄

 

- ネット選挙について-

残念なことに、ネット選挙は解禁時に大きく騒がれた割には効果が見えるほどに伸びていないと思います。私たちが選挙でアプローチする人の中には、まだまだインターネットに全然縁がない人もいますしね。近いところでは自民党のネット公募で選ばれた候補者も参院選で落選してしまいましたし……。現時点ではインターネットだけで戦うなどと言った取り組みには限界があると思います。でもインターネットはとても有益なツールです。その限界をこれから色んな取り組みをしてどう打ち破っていくかが大切になると思いますね。

 

インタビューの掲載について

選挙ドットコムでは現職政治家の皆様のインタビューを無料掲載しております。
掲載をご希望の議員の方は下記までご連絡をお願い致します。

03-5212-4377 担当:苅部 karibe@jcos.net

 

 

この記事をシェアする

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

選挙をもっとオモシロク” 選挙・政治分野における情報公開やITの活用を促進し、国民の関心を高めることで戦後最高の投票率を更新することを目指しています。

選挙ドットコムの最新記事をお届けします

ホーム記事・コラム参議院議員 木村義雄氏 インタビュー

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_whiteicon_homeicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube