選挙ドットコム

衆院補選 福岡6区。鳩山二郎氏の人柄・学歴・経歴は?

2016/10/14

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

鳩山邦夫氏の死去に伴う衆院福岡6区補選(10月22日投開票)が今月11日に告示され、街頭演説が盛り上がりを見せています。
候補者は4人。中でも注目されているのが、当選すれば5代続けての国会議員誕生となる、亡き鳩山邦夫氏の次男である鳩山二郎氏です。
【関連】福岡で自民党が分裂! それでも蓮舫民進党は大苦戦…  >>

hatoyamajiro

幼少期からのエリート。青山小学校、単身オーストラリアへ

東京都生まれの二郎氏(1979年1月1日生、37歳)は、私立小学校の青山学院初等部に入学し、そのまま付属の中学校を卒業しました。高校3年になると青山学院高校を中退。単身でオーストラリアにあるキリスト教系のボーディングスクールであるサウスポートスクールに留学し、卒業しました。帰国後、杏林大学総合政策学部を卒業、その後、同大学院総合政策学研究科博士前期課程に進みましたが中退しています。
【関連】衆議院東京10区、福岡6区補選の行方とその後の展開  >>

父の秘書、そして大川市長へ

大学院中退後は、当時衆議院議員であった父鳩山邦夫氏の私設秘書となります。
2011年の福岡県知事の選挙に出馬を検討していますが、最終的には断念。断念を決めた当時、二郎氏はメディアに向けて、「既存政党の相乗りに一石を投じたいという思いだったが、経験や準備が不足していた」とコメントしています。

その後2013年に、福岡県大川市長選挙に立候補し、前市長・江上均氏、元市長・中村晃生氏、前市議・石橋忠敏氏を破り、初当選を果たしました。

大川市長を務めていた際の実績としては以下の6つが記されています。

jisseki

(鳩山由紀夫氏 HPより)

・「ふるさと納税が約32倍の3億2千万に増加」

・「保育料を70%減額、5歳以下の子供の人口が増加」

・「市のポスター、ロゴを一新」

・「新たな名産、「とうがらし」の生産・出荷開始」

・「財政の顕在化を推進、地方債減少、積立金増加」

・「斬新なアイデアを持った人材の受け入れ」

補欠選挙で掲げる政策とは?

(鳩山二郎氏Facebookより)

(鳩山二郎氏Facebookより)

今回の選挙では、父・鳩山邦夫氏が大切にしていた「義の選挙」の精神を引継ぎ、掲げている政策は、

・地方創生・景気回復

・中小企業にさらなる活力を

・子育て支援で活気ある社会に

・医療・介護・年金の不安を解消

・農業・漁業の発展とTPP問題に全力

・将来を見据えた社会資本整備

・人づくりのための教育づくり

・誇りと活力ある外交で国民を守る

二郎氏のホームページでは8つの基本政策が掲げられています。
また、自民党の公認が得られず無所属での出馬となった二郎氏は、政見放送ができません。選挙カーの上で、そしてメディアに対しどのようなアピールができるのかが重要になってきます。

34歳という若さで大川市長に就任(大川市では最年少)している二郎氏。今回の福岡6区補選が父・鳩山邦夫氏の弔い合戦となっているだけに、二郎氏への期待と注目度は高くなっています。

この記事をシェアする

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

選挙をもっとオモシロク” 選挙・政治分野における情報公開やITの活用を促進し、国民の関心を高めることで戦後最高の投票率を更新することを目指しています。

選挙ドットコムの最新記事をお届けします

ホーム記事・コラム衆院補選 福岡6区。鳩山二郎氏の人柄・学歴・経歴は?

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_whiteicon_homeicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube