選挙ドットコム

14,875選挙・285,139の候補者情報、日本最大級の選挙・政治家情報サイト

四国4県がワースト5入りした10代投票率ランキング。ワースト1はどの県?



原口和徳
原口和徳


今夏の参議院議員選挙では、全国各地で若者の政治参画に向けた取組みが行われました。総務省は推計値に続き、年齢別投票率の全数調査結果を公表しています。
この結果を、18歳選挙権の観点から比較してみましょう。





18歳の投票率が高かったのはここだ!


18歳の投票率が最も高かったのは、東京都で62.23%。次いで、神奈川県58.44%、愛知県58.20%となっています。


20161009a


18歳、19歳及び10代全体の投票率を比べてみても、投票率トップ5の顔ぶれはほぼ変わりません。
また、18歳の投票率の方が19歳・20歳と較べて概ね10%弱高くなっていることが分かります。


なお、10代の投票率と全年代の投票率は必ずしも一致していません。全年代の投票率トップ3は、長野県62.86%、山形県62.22%、島根県62.2%です。





18歳の投票率がふるわなかったのは?


一方、18歳の投票率が低かったのはどこでしょうか。
低い方から順に、高知県35.29%、宮崎県38.54%、徳島県41.20%となっています。


20161009b


こちらも、18歳と19歳で投票率の低かった県は順位も含めてほぼ変わりません。また、18歳と19歳の投票率も、18歳の方が概ね10%ほど高くなっています。





投票率だけでは測れない若者の政治参加の課題


もう1つ、投票結果について確認しておかなければならない大切なことがあります。それは、投票に行かなかった人の数です。


20161009c


今夏の参議院議員選挙における10代の有権者数は約240万人。このうち、半分以上の約127万人が投票を棄権しています。投票棄権者のランキングを見るとわかるように、東京都をはじめとする10代の投票率が高かった都府県の多くで、投票棄権者も多数生じていることが分かります。加えて、これら投票棄権者数の上位5都府県で、10代全体の投票棄権者数の1/3を占めています。若者一人ひとりが主体的に選挙を使いこなすことができているかどうかを確認するためには、投票率だけではなく投票への参加者や棄権者の数にも注目する必要があります。





18歳選挙権の観点からの課題


10代投票率のトップ5について全年代での投票率を比較、順位づけしてみると、神奈川県25位、愛知県26位、埼玉県36位の3県の順位が平均を下回っています。これらの県では、10代以外の年代に対する主権者教育の必要性が特に高まっていると言えるのかもしれません。加えて、10代の投票率の高低に関わらず、概ね18歳と19歳の間では、投票率に10%程度の差が生じています。


18歳選挙権というと、18歳以下の世代に対する取組みに注目が集まりがちですが、かつての18歳に対する取組も大切に行っていく必要があることも、投票結果から読み解くことができそうです。


7月2日投票!東京都議会議員選挙の候補者を網羅した特設サイト公開中!


東京都議会議員選挙

原口和徳

原口和徳 : 埼玉ローカル・マニフェスト推進ネットワーク事務局

1982年埼玉県熊谷市出身。中央大学大学院公共政策研究科修了。早稲田大学マニフェスト研究所 議会改革調査部会スタッフとして、全国の議会改革の動向調査などを経験したのち、現所属にて市民の立場からのマニフェストの活用、主権者教育などの活動を行っている。

Webサイト : http://blog.canpan.info/slm/

記事一覧を見る

選挙ドットコムでは”選挙をオモシロク”を合言葉に、より多くの選挙報道・政治家情報を集めています。あなたも選挙ドットコムのサポーターになって協力してくれませんか?

Copyright © 2016 選挙ドットコム All Rights Reserved.