選挙ドットコム

14,875選挙・285,139の候補者情報、日本最大級の選挙・政治家情報サイト

豊洲ばかりじゃない 議会、住民の知らぬ間にオリンピック公共工事の暴走



田中 龍作
田中 龍作

伐採準備のため枝打ちされた銀杏。すんでの所で命拾いした。=2日、神田警察通り 撮影:筆者=

伐採準備のため枝打ちされた銀杏。すんでの所で命拾いした。=2日、神田警察通り 撮影:筆者=



「誰がいつ決めたのか?」豊洲新市場問題と同じようなことが千代田区で起きている。公共工事に伴い、約300本もの街路樹が議会や住民の知らぬ間に伐採されようとしていたのである。

千代田区は東京都議会のドンと怖れられる内田茂・自民党東京都連幹事長のお膝もとだ。内田氏の娘婿や子飼いが議会の要職を占める。
東京オリンピックにかこつけた公共工事ですでに伐採されてしまった街路樹もある。

7月25日夜、神田警察通り。一橋会館と共立学園前の歩道の街路樹が枝打ちされているのを付近の住民が見つけた。枝打ちは伐採に向けた準備作業である。住民がその場で抗議したため作業はとりあえず止んだ。
翌日、知り合いの千代田区議会議員に確認したところ、街路樹の伐採は議会にも知らされていなかったことがわかった。

別の住民が区役所や地元商店街などから情報を収集した結果、千代田区内では3か所で街路樹の伐採計画が進んでいることが分かった。伐採計画があるのは「白山通り」「明大通り」「神田警察通り」だ。道路の左右を別々に計測すれば総延長は3㎞に及ぶ。
街路樹が伐採されれば、江戸の面影を残す歴史的景観が破壊されるのは必定だ。沖縄・高江の原生林伐採が自然に対するテロならば、こちらは歴史と景観に対するテロだ。

地元住民や街路樹沿いの学校の卒業生らが8月22日から9月22日にかけて「伐採の中止を求める陳情書」3本を千代田区に提出した。

伐採を知らせる貼り紙。直径50センチはある銀杏の古木だ。オリンピックのマラソンコースにあたる白山通りで電線の地中化が行われるためだ。=2日、白山通り 撮影:筆者=

伐採を知らせる貼り紙。直径50センチはある銀杏の古木だ。オリンピックのマラソンコースにあたる白山通りで電線の地中化が行われるためだ。=2日、白山通り 撮影:筆者=



陳情を受けて、千代田区議会の企画総務委員会がきょう開かれた。委員会の冒頭、大串博康議員(公明党)が区の道路公園課などに対して「街路樹の伐採をなぜ議会に説明しなかったのか?」と迫った。

大串議員が憤るのも無理はない。千代田区の都市緑化ガイドラインでは、2011年、2013年とも「街路樹の保全」が謳われていた。
にもかかわらず今年3月、突然、千代田区は街路樹の伐採を決めたのである。議会に諮られたのは自転車道の拡幅工事だった。ペテンである。

小枝すみ子議員(ちよだの声)が「街路樹伐採を望んでいる住民はいるのか?」と質すと、区側は「倒木が心配だ(という声が寄せられた)」などと屁理屈を並べた。
すると、別の議員は「(伐採したがっているのは公共工事の)利害関係者じゃないのか」と追及のヤジを飛ばした。

委員会は数えきれないほどの回数、休憩が入るほど紛糾した。道路公園課の千賀行課長は「(決定に至るまでの)資料がない」と言い出す始末だった。
結局、陳情についての審査には入れず、次回(17日)に持ち越した。

伐採に向けた枝打ちが行われた場所は、人通りの少ない“裏通り”にあたる。平日の日中でも歩いているのはコンビニに行くサラリーマンと女子中学生、高校生くらいだ。
住民の目が行き届かないと行政は暴走する・・・千代田区のプチ都庁ぶりが、それを教えてくれる。

歩道拡幅の公共工事で100本以上のポプラの古木巨木は伐採される計画だ。=2日、明大通り 撮影:筆者=

歩道拡幅の公共工事で100本以上のポプラの古木巨木は伐採される計画だ。=2日、明大通り 撮影:筆者=



※本記事は「田中龍作ジャーナル」の10月3日の記事の転載となります。オリジナル記事をご覧になりたい方はこちらからご確認ください。
田中 龍作

田中 龍作

世界の紛争地域を名もなき人々の視点から取材・執筆。 2012年『貧困ジャーナリズム賞』受賞。  『田中龍作ジャーナル』http://tanakaryusaku.jp/ で発信を続けている。

Webサイト : http://tanakaryusaku.jp/

記事一覧を見る

  • Facebook
  • Twitter
  • Google

選挙ドットコムでは”選挙をオモシロク”を合言葉に、より多くの選挙報道・政治家情報を集めています。あなたも選挙ドットコムのサポーターになって協力してくれませんか?

Copyright © 2016 選挙ドットコム All Rights Reserved.