選挙ドットコム

日本最大級の選挙・政治家情報サイト

【新潟県知事選挙】 「抹殺計画があった」泉田知事の路線継承する米山候補



田中 龍作
田中 龍作

「勇気を出して立候補して下さった。本当にありがとう」。森ゆうこ選対本部長は米山氏の決意を称えた。=30日午後6時30分頃、新潟市西区。撮影:筆者=

「勇気を出して立候補して下さった。本当にありがとう」。森ゆうこ選対本部長は米山氏の決意を称えた。=30日午後6時30分頃、新潟市西区。撮影:筆者=



「私たちは泉田知事を守り切れなかった。泉田抹殺計画があった。原発ホワイトアウト本当ですよ・・・自民党新潟県連幹部に官邸が『まず知事を変えろよ』と迫った」

米山陣営の選対本部長をつとめる森ゆうこ参院議員の演説が、今回の選挙に至るまでの異常な事態を物語っていた。
7月の参院選挙で森ゆうこ議員は野党共闘が実って自公候補を接戦の末に制した。今回、野党共闘が崩れたことに対する無念さは人一倍だ。

新潟県知事選2日目のきょう、米山候補は燕市や新潟市などで街宣活動をした。

民進党にあって「原発ゼロの会」を主宰する阿部知子議員はマイクを握ると「民、進、党のあべともこです」と自己紹介した。

民、進、党の3文字を言うのに1文字ずつ間合いを置いたのである。自虐ギャグ風の挨拶に会場からはクスリと笑いがこぼれた。

民進党は「連合」怖さで米山氏を支援しないばかりか、離党に追い込んだ。米山氏は衆院新潟5区の公認取り消し、総支部長解任を民進党のTwitterで知ったというありさまだった。

阿部知子議員の自虐ネタと会場の失笑も、民進党の異常さを物語っていた。

「原発再稼動が焦点になり、泉田さんが思った通りになった」。支援者たちは米山氏の立候補に胸をなで下ろした。=30日午後6時30分頃、新潟市西区。撮影:筆者=

「原発再稼動が焦点になり、泉田さんが思った通りになった」。支援者たちは米山氏の立候補に胸をなで下ろした。=30日午後6時30分頃、新潟市西区。撮影:筆者=



米山候補は自身の放射線医としての経験を交えながら、泉田路線を引き継ぐと訴えた-

「福島から避難してきたお母さんの言葉が忘れられません。すぐ帰れると思って新潟に逃げてきた。泉田さんが受け入れてくれた・・・5年経った今でも帰れる目途すら立たない。私たちの故郷は失われてしまった・・・そんな思いをする人が、新潟でも日本でも一人も出て欲しくない」。

「放射線事故を目撃したことがある。東海村の臨界事故の時、放医研の当直医だった。全身の皮膚や粘膜が無くなり、亡くなられた」。

「事故が検証されない限り、再稼動の議論はできないという、泉田知事の路線を継承します」。

現場には福島県大熊町から新潟県阿賀野市に避難している主婦も駆けつけた。夫はまだ福島にいる。「新潟に来て、ひとりで流産した時が一番つらかった」という彼女は、米山陣営のボランティアをしている。

泉田知事が一人で東電と対決していたからこそ、新潟県民は安全をむさぼっていられた。安倍総理から直々に自民党の推薦状を手渡された森民夫候補が新潟県知事になったら、どうなるか。

新潟県民だけでなく、原発再稼動に異議を唱えるすべての日本人の覚悟が問われている。

※本記事は「田中龍作ジャーナル」の9月30日の記事の転載となります。オリジナル記事をご覧になりたい方はこちらからご確認ください。
田中 龍作

田中 龍作

世界の紛争地域を名もなき人々の視点から取材・執筆。 2012年『貧困ジャーナリズム賞』受賞。  『田中龍作ジャーナル』http://tanakaryusaku.jp/ で発信を続けている。

Webサイト : http://tanakaryusaku.jp/

記事一覧を見る

選挙をもっと、オモシロク。

選挙ドットコムでは”選挙をオモシロク”を合言葉に、より多くの選挙報道・政治家情報を掲載する日本最大級の選挙・政治家情報サイトです

Copyright © 2016 選挙ドットコム All Rights Reserved.