選挙ドットコム

日本最大級の選挙・政治家情報サイト

東京都議会議員 あさの克彦氏 インタビュー



選挙ドットコム編集部
選挙ドットコム編集部

政治家の本当の姿を伝える、選挙ドットコム「政治家インタビュー企画」。
今回は、民進党の東京都議会議員、あさの克彦氏にお話をうかがいました。

あさの氏は、民間企業勤務を経て議員秘書を経験後、旧民主党から東京都議会議員選挙に平成21年初当選。連続当選を果たし、現在は2期目を務めています。

<参考>ホームページ:http://asano-k.net/

 

【政治家を志したきっかけは何ですか?】


あさの克彦

大学は理系でしたし、政治にはあまり興味がありませんでした。
一旦民間企業に事務職として就職をしたのですが、そこでお世話になった上司が平成13年に都議選に出て、ボランティアをしたのが政治に興味を持ったきっかけですね。その時に政治家を志す若者が沢山集まっていて、色々な話をしまして。そこで「意外とみんな真剣なんだな」「政治って面白いな」と思ったのがひとつのターニングポイントでした。
その上司は落選してしまったのですが、自分も政治の世界に挑戦したいと相談したら「今あらゆる業界が人材不足だが、最も人材不足なのは政治の世界だ。お前みたいな若者がチャレンジするなら全力でバックアップする」ということを言っていただけたんです。その上司とのご縁がなければ政治の世界に足を踏み入れていなかったかもしれませんね。

 

【政治信条を“ひとこと”で表現していただけますか?】


「全ての可能性を排除しない」。そのために対話を重視しています。

あさの克彦

 

【特に力を入れている政策について教えていただけますか?】


私が特に力を入れている政策は、主に4つあります。

1つ目が教育改革です。先ほどお話させていただいた通り、政治家ってイメージよりも真剣だし、まともな人だって多いんですよね。ただ、そういう人ばかりが選ばれているわけじゃない。これはどうなの?って人も選ばれているんです。しかしそれも民意。ならばこれからいい政治家を選べるようになるために、日本の問題を解決する政治家を選ぶために、教育に力を入れて国民の政治家を見る目を養わなければならないのではないでしょうか。具体的には例えば指導要綱にメスを入れて、地政学や経済学を若い人たちに学んでほしいですね。

次に、情報公開です。都議会はやっていることが多すぎて、情報公開度が非常に低い状態です。公開しているんだけどもその情報へのたどり着き方が分からないものもあります。どこで何が決まっているかが分からない、審議会があっても開催情報にアクセスできない等の問題があります。ならばこれを改善していくことが必要ですよね。
私の実績として、今までは「必要に応じて公開して周知」する決まりだった会議の情報や日程を「原則公開」する決まりに変更しました。公開できない場合は明確な根拠を示してはじめて非公開にできるという風になっています。一般の方であろうと、興味のある情報にはアクセスできるようにすることが大切だと思います。

そして、経済です。中小企業にまでお金が行き渡るようにしたいですね。例えば“電柱の地中化”は経済政策として非常に良いと思います。なぜなら、それを請けるのは中小企業だからなんです。大手企業だけでなく、末端まで経済波及効果があるやり方をとっていきたいです。商店街についても行政が統計データ等を活用して施策を提案し、定期的に人が訪れる仕組みをつくりたいですね。

最後に、議会機能の強化です。例えば通年議会ですね。国会が年間150日+臨時国会とやっているのに、都議会は年間100日あるかないかです。私は、都議会はもっと議論する時間を長くとることが必要ではないかと考えています。
また、ゆくゆくはアメリカのように予算案を議会が作るようにするべきだと思います。二元代表制、行政と議会は車の両輪と言っても“車輪の大きさ”が今は全然違いますから、対等な関係になるように、力関係を揃えていきたいです。

あさの克彦

 

【あなたにとって選挙とは何ですか?】


私が議員秘書として初めて関わった大きな選挙は埼玉県知事選でした。良い形で勝つことが出来ましたが、非常に大変な思いをしましたね。
その時に言われた言葉が、「選挙というものは人がおりなす総合芸術だ」です。同じ選挙は二度とできないのです。私はこの言葉に非常に共感しました。

選挙を戦っていると、人の本性・本音が出てきやすくなります。だって、戦場ですから。人のために本気で頑張ろうという人がいる中で、人の嫌な部分もよく見えて、それが露骨にぶつかりあう。でも、綺麗な面も汚い面も全部集まって選挙戦なんですよね。総合芸術。私にとって選挙とは、産みの苦しみの大きな芸術作品です。特に自分の選挙は本当に辛いですね。

 

インタビューの掲載について


選挙ドットコムでは政治家の皆様のインタビューを無料掲載しております。
掲載をご希望の議員の方は下記までご連絡をお願い致します。

03-5212-4377 担当:苅部 karibe@jcos.net / 工藤 kudo@jcos.net

 
選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

選挙をもっとオモシロク” 選挙・政治分野における情報公開やITの活用を促進し、国民の関心を高めることで戦後最高の投票率を更新することを目指しています。

Twitter : https://twitter.com/go2senkyo

Webサイト : http://go2senkyo.com/

記事一覧を見る

選挙をもっと、オモシロク。

選挙ドットコムでは”選挙をオモシロク”を合言葉に、より多くの選挙報道・政治家情報を掲載する日本最大級の選挙・政治家情報サイトです

Copyright © 2016 選挙ドットコム All Rights Reserved.