選挙ドットコム

14,875選挙・285,139の候補者情報、日本最大級の選挙・政治家情報サイト

オープンデータで社会を変える方法!活用事例を3つ紹介



両角 達平
両角 達平

汚職・腐敗の防止を目指す国際NGO 、トランスペアレンシー・インターナショナルのサマースクールで、オープンデータの有効な活用方法を教えてもらった。

ぼくが参加したグループワークはこちら。”How to turn open data to super power?”  つまり、「オープンデータをスーパーパワーにする方法」というセッション。ホストをつとめるのは、ドイツからのゲスト、Journalism++(ジャーナリズムプラス)の創設者でありCEOのニコラス。

スクリーンショット 2016-09-01 18.26.10

彼は、同団体でデータを基盤とした調査を用いた報道のための、ツールやウェブサイトの開発や、自身もそれらを活用したジャーナリズムを行っている。今回、ニコラスはデータを最大限に活用する方法を、事例とツールとともに紹介してくれた。

 

 

オープンデータの活用事例



ニコラスがCEOを務めるJournalism++が実際に作成したウェブサイトは、データを可視化してユーザーの利用しやすさを高めた、いい事例である。その中には受賞歴のある作品もある。

 

1. 報道の自由度ランキング


以下の地図を目にしたことがある人は多いだろう。

スクリーンショット 2016-09-01 18.27.39

これは、パリの本部を構える国際NGO「国境なき記者団」が作成した「世界報道の自由度ランキング」に基づいて作成された地図だ。トップは北欧諸国で、フィンランド、オランダ、ノルウェーが上位を占め、日本は72位と順位が大きく下がったことで大きく報じられた。


日本の報道の自由度ランク72位、順位10以上後退
地図は、白→黄色→オレンジ→赤→黒の順番で報道の自由度が色分けされており、一目で世界の状況がわかるようなっている。ホームページ上の地図は、インタラクティブな仕様となっており、国をクリックするとランキンング順位と、詳細が記述されたページへのリンクが表示される。




このインタラクティブマップの作成をしたのが、ニコラスがCEOを務めるJournalism++なのである。ただのランキング表だけに留めるのみならず、このようにしてユーザビリティを高めているという点において、評価ができる好例である。




2. The Migrants File


Journalism ++の別の作品に、「The Migrants File」がある。このページではUNHCRなどの公開されているデータを用いて、ヨーロッパの移民・難民問題に関するデータを可視化している。15以上のヨーロッパの国からのジャーナリストらと、ともに作成された。

The Migrants Files
例えば以下は、移民・難民が死亡した場所と人数を可視化するページだ。




両角 達平

両角 達平

ゆとり世代の日本人です。ストックホルムに3年、ベルリンに8ヶ月住んでいました。ヨーロッパ・北欧の社会、若者、若者政策を研究しています。今はコンサルタントとして生計をたてています。スウェーデンの若者政策、ユースワークの視察・通訳や翻訳などにも携わっています。 ストックホルム大学国際比較教育修士課程 在籍 / 東京大学 教育学部 特別研究生 / Youth Policy Press ベルリンなど

Webサイト : http://tatsumarutimes.com/

記事一覧を見る

  • Facebook
  • Twitter
  • Google

選挙ドットコムでは”選挙をオモシロク”を合言葉に、より多くの選挙報道・政治家情報を集めています。あなたも選挙ドットコムのサポーターになって協力してくれませんか?

Copyright © 2016 選挙ドットコム All Rights Reserved.