選挙ドットコム

日本最大級の選挙・政治家情報サイト

【小池都知事誕生】まず見ものなのは、アノ部屋に誰が居るか?



中田宏
中田宏

20160802nakada

東京都知事選挙の投開票が行われ、290万票を超える得票で小池百合子新東京知事が誕生しました。
投票率は59. 7%となかなか高い数字だったようです。
2位の増田寛也候補には100万票以上の差をつけており、マスコミで報じられている通り「圧勝」と言えるでしょう。

昨日からの報道を見ていると「風を読むのが上手」「劇場型の選挙を展開した」「石原慎太郎元都知事に厚化粧と言われたことを逆手に取った」「グリーンのものを身につけてきてくださいというグリーン作戦で一体感を演出した」などが勝因として挙げられていますが、これらは表面上の分析でしょう。
選挙に出る身としては、そんなことで勝てるのなら楽なものです。

小池氏自身に本質的に都民に訴えるものがあったことがポイントでしょう。
1つ目は後出しじゃんけん(立候補表明)が有利と言われるなかで先出しをして潔く自分から手を上げていったスタンス。
2つ目は政策の中身のリアリティーです。
女性の視点で語る待機児童や介護の問題についての見識が信頼に足るものと評価されたのではないでしょうか。

これから小池都政が始まりますが、就任すると最初に議会各会派へ挨拶まわりを行います。
最大会派の自民党、公明党、民進党とそれぞれ回っていきますが、恐らく自民党の控室では自民党議員がそれなりに待って応対すると予想します。
ここから都議会との関係の第一歩になります。

私はオール与党議会と戦って横浜市長に就任しましたが、会派挨拶回りの事前調整をしていたにも関わらず、訪れても「市長には会わねえ」ともぬけ(蛻)の殻で、部屋には誰も待っていないという洗礼を浴びました。
しかしこの先オリンピックがあることや圧勝だった結果を考えれば、恐らく小池知事のことは待っていると思います。
これからどのような関係を築いていくのかに焦点が集まるでしょう。

小池氏は、昨日の当選後の記者会見で「これまで見たことのない都政を実現する」と語っていました。

今まで「見える都政」ではなかったことを踏まえ、都民の暮らしを考えて地方行政をきちんと展開をしていくなかで、見えなかった都政を見えるようにすることが小池氏の第一歩だと思います。
そして、その後は都民が都政を見なければダメです。
知事にお願いだけのお願い民主主義ではダメですから、都民の姿勢も問われます。

YouTuber(ユーチューバー)・シンクタンク「日本の構造研究所」代表    中田 宏
1993~衆院議員(3期)、2002~横浜市長(2期)、2009~総務省顧問、2011~大阪市特別顧問、2012~14衆院議員。青山学院大経済学部卒、松下政経塾(10期)卒

※本記事は「中田宏ブログ」の8月1日の記事の転載となります。オリジナル記事をご覧になりたい方はこちらからご確認ください。
中田宏

中田宏 : 前衆議院議員/前横浜市長

中田宏事務所代表。 衆議院議員、横浜市長、大阪市特別顧問などを歴任。青山学院大学経済学部卒 松下政経塾(10期)卒。昭和39(1964)年9月20日生まれ。社員の父親の転勤に伴い小学生から高校生の間は横浜、大阪、福岡、茅ケ崎、横浜と移り住む。身長184センチ、体重75キロ。趣味は読書とフィットネスジムでのトレーニング。座右の書は「路傍の石」(山本有三)、座右の銘は「先憂後楽」。血液型、性格共にA型。

Twitter : https://twitter.com/NAKADAHiroshi

Webサイト : https://www.youtube.com/user/NAKADAHiroshiOffice

記事一覧を見る

選挙ドットコムでは”選挙をオモシロク”を合言葉に、より多くの選挙報道・政治家情報を掲載する日本最大級の選挙・政治家情報サイトです

Copyright © 2016 選挙ドットコム All Rights Reserved.