選挙ドットコム

14,875選挙・285,139の候補者情報、日本最大級の選挙・政治家情報サイト

投票に行くその前に、復習しよう



古井 康介
古井 康介

確かに難しい「政治」―衆院と参院の違いをスラスラと説明するのは難しい


いよいよ参院選の投票日。メディアでの報道も白熱してきました。
特に18歳選挙権が初めて施行される国政選挙ということもあり「若者と政治」が話題になることも多くなっています。注目を集めるのは、ミュージシャンの三宅洋平氏。ミュージシャンであることを活かし、街頭演説ならぬ選挙フェスを頻繁に行い、SNSなどで支持を伸ばしている印象があります。
生バンド・綿密に作りこまれた演出。選挙フェスの現場レポート >>

しかし正直なところ、若者全体の機運として選挙へのムードが盛り上がっているとは、中々断言しがたい空気がまだまだあるはず。実際にNHKの調査では、選挙に必ず行くと答えた若者は22%にとどまったそうです。多くの若者は口をそろえてこう言います。「政治は難しくてよく分からない。」なるほど、確かに改めて問われると参議院と衆議院の違いをスラスラと語れる人ってそんなに多くないかもしれません。そこで、今回は参議院議員とはなんぞや、ということを基礎に一度立ち返っておさらいしてみましょう。

参議院議員とは何人? 何のためにあるの?


pixta_19870583_S参議院議員とは、国会を構成する2つの院(会議をする人たちの集まり)のうちの1つである参議院で議論をする人たちです。全部で242人います。当初は250人だったのですが、沖縄がアメリカから日本に返還されて(第二次世界大戦の時に一回アメリカに占領されていたのです!)2人増えて252人になりました。しかしその後議員の数が多すぎるとの批判から5人減らしを2回繰り返し現在の242人になりました。参議院は第二次世界大戦の後につくられました。元々は衆議院での議論1回で何でも決まってしまうことは衆議院の中で一番多く仲間がいる政党が、好き勝手に政治を進めていってしまえる可能性があって危ないとの考えから参議院は生まれました。2回議論して、それでもOKならOKだろう、という論理ですね。それ故、参議院は「再審議の府」と呼ばれることもあります。
また、衆議院とは違って総理大臣を選んだり、予算を決定したり、条約を結んだりという能力は実質的にはありません。これは衆議院と違う判断を下してしまったときに、衆議院での判断が優先されるためなのです。しかし、だからこそ参議院は自分たちで総理大臣を選ばない=総理大臣を中心とする「政府」とは遠い位置にあります。故に政府の監視役としての役目も期待されているのです。「良識の府」とも呼ばれたりします。
今回の選挙の立候補者は389名。全候補者を一覧で見る >>

参議院の実態。単なる政局争いの場・・・?


一方で実態はそんな「再審議」や「良識」を行うところではなく、単に「政局の府」として存在していることは、よく批判されているところです。参議院は衆議院とは別の性質をもつものだとはいえ、自民党や民進党などの政党が公認した候補が議席を争うという仕組みがほぼほぼ取られています。いわゆる「政党政治」というものです。そうである以上、例えば衆議院と参議院で過半数を占める党が同じだった場合、参議院は衆議院と同じ判断を下し、その存在意義はあまりなくなってしまいます(同じ判断を下してしまうのは、多くの政党が、政党で賛成/反対すると決めた法律案は全員がこぞって賛成/反対するというルールを採用しているからです。これを党議拘束といいます)。一方で異なる政党が過半数を占めている場合は、主に政府が力を入れたいと考えている政策に置いて意見が分かれ、今度は逆に「決められない政治」が横行してしまうのです。

 

参議院議員選挙の結果で、今後の政治はこう変わる


Boy voting on democratic election.そんな参議院ですが、今度の選挙の結果で政治はどのように動いていくのでしょうか。先述の通り、参議院は再審議を行うことができます。もしも野党が過半数を取れば、何でもかんでも与党で決まった法案が通ることはなく、野党の主張も組み入れた法案が通るようになります。他にも、例えば憲法を改正するときには衆議院と参議院、両方の3分の2以上の賛成がまず初めに必要になります。もし憲法改正をしたいと考えている政党が3分の2以上の議席を獲得すれば憲法は改正に向かって動き出します。
たしかに「一票」で政治は変わらないという考え方は否定できませんが、「選挙」の結果で政治は大きく変わっていきます。そんな選挙も一票の積み重ねの賜物。週末近くの投票所に投票しにいくことであなたも、そんな政治を、少しは動かせるかもしれません。
選挙ドットコム編集部が18歳に伝えたいこと >>

 

候補者はどう選べばいいの?


併せて「どんな候補者が立候補しているのか」「どの候補者に投票しようか」などは、選挙ドットコムの選挙区・立候補情報をご参考ください。senkyoku
■各党のマニフェスト比較はこちら
>>全政党の政策比較まとめ!
>>政策比較「アベノミクス評価」
>>政策比較「憲法改正について」
>>政策比較「安保法制について」
>>政策比較「原発政策」
>>政策比較「子育て政策」
>>政策比較「TPP」
>>政策比較「消費税増税」
>>政策比較「若者政策」

古井 康介

古井 康介

選挙ドットコム インターン。 1995年富山県生まれ。慶應義塾大学経済学部在学中。専攻は社会政策、新しい公共、安全保障・外交政策。 NPO法人「僕らの一歩が日本を変える。」ディレクターとして、全国で「票育授業」のプロデュースやハード面の設計から、当日の司会進行までを担当。

Twitter : https://twitter.com/KOSUKEFURUI

Webサイト : https://boku1.org

記事一覧を見る
  • Facebook
  • Twitter
  • Google

選挙ドットコムでは”選挙をオモシロク”を合言葉に、より多くの選挙報道・政治家情報を集めています。あなたも選挙ドットコムのサポーターになって協力してくれませんか?

Copyright © 2016 選挙ドットコム All Rights Reserved.