選挙ドットコム

【増山れな候補特別レポート】増山候補と小林節氏、憲法を語る 野党共闘へ追い風か?

2016/7/8

兼子 草平

兼子 草平

終盤の共闘

7月8日、東京・田町駅前にて、「国民怒りの声」代表の小林節慶應義塾大学名誉教授と、社民党・増山れな参議院議員候補が共同で演説を行いました。
野党共闘が叫ばれる中、6人区ゆえに足並みがそろわない野党ですが、選挙戦終盤にあって護憲派・野党へ追い風となりそうな一幕です。

IMG_3565選コム

お昼時の田町駅前にて

自民党憲法草案は北朝鮮と同じ?

小林代表は自民党改憲草案について、
「北朝鮮の憲法に似ている、また北朝鮮は大日本帝国を模倣したとも言われている」
と指摘し、改憲により戦前、あるいは北朝鮮のようになりかねないと大胆に批判しました。
また、社民党・福島みずほ副党首のいうところの自民党草案の「おせっかいさ」にも触れ、
「家族は、互いに助け合わなければならない」と記されている第二十四条について、
「そんなのおせっかいでしょ?」と批判しました。

IMG_3601選コム

握手を行う小林代表(左)と増山候補(中央)。左は司会の社民党阿部浩子港区議

増山候補は日本国憲法の体現者

すでに紹介したように、小林代表は増山候補の人柄を評価しており、
「れなさんは表現が個性的で、日本国憲法を体現しているようだ。私も個性的でしょ?」
と語り、それが増山候補推薦への決め手となったようです。

それに呼応して増山候補も「公認が決まったとき党内でも批判がありましたが、小林さんの心の広いご推薦の言葉をいただき感謝しています」と語り、
「(日本国憲法第21条にも表記されている)表現の自由を守りぬきたい」と意気込みました。

他にも、緊急事態条項の危険性なども訴え、見に来た方々から多くの拍手をいただきました。

IMG_3570選コム

多くの人から注目され、時おり拍手も。

この記事をシェアする

兼子 草平

兼子 草平

一応フリージャーナリスト・ライターを自称しております。 政治・選挙の分野は増山れな氏の参院選出馬にともない、強い興味を得ました。 書くよりも撮るのが得意らしい不器用者です。

選挙ドットコムの最新記事をお届けします

ホーム記事・コラム【増山れな候補特別レポート】増山候補と小林節氏、憲法を語る 野党共闘へ追い風か?

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_whiteicon_homeicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube