選挙ドットコム

当確速報!改選定数3の埼玉選挙区 序盤から優勢だった自民党現職の関口昌一氏が、多数の票を得て当確!

2016/7/8

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

7月10日投開票の参議院議員選挙 7名で3議席を争っていた埼玉選挙区。自民党現職関口昌一氏は地盤固めをきっちり行い、見事当確を手にしました。

埼玉選挙区

当確となった関口昌一氏は、1953年6月4日生まれで現在63歳、埼玉県秩父郡皆野町出身。城西歯科大学(現明海大学歯学部)を卒業後、出身地で歯科医院を開業。1995年に埼玉県議会議員に自民党公認で出馬し、初当選(3期)。その後、2003年10月に行われた埼玉県選挙区の補欠選挙に出馬し初当選。2004年、2010年と参議院議員通常選挙で当選(3期)を果たしています。

関口 昌一

当初から有力といわれていた自民党の現職 関口昌一氏。安倍首相、柴山昌彦氏らが応援演説を行ったり、Facebook、ブログ、ホームページ、動画を駆使し、自らの活動を配信したり、と積極的な活動により確実に票を獲得し4期目の当確となりました。

また、3議席を7名で争う中、現職2名の民進党大野元裕氏、公明党西田実仁氏が関口氏を追う形で展開された埼玉選挙区。3議席目に食い込むのでは?と一部で言われていた共産党の伊藤岳氏の健闘もあり、最後まで混戦状態となった選挙区のひとつといえるでしょう。

>> 立候補者の詳しい情報や見どころ解説などはこちら

この記事をシェアする

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

選挙をもっとオモシロク” 選挙・政治分野における情報公開やITの活用を促進し、国民の関心を高めることで戦後最高の投票率を更新することを目指しています。

選挙ドットコムの最新記事をお届けします

ホーム記事・コラム当確速報!改選定数3の埼玉選挙区 序盤から優勢だった自民党現職の関口昌一氏が、多数の票を得て当確!

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_whiteicon_homeicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube