選挙ドットコム

当確速報!鉢呂吉雄氏(民進党公認候補・新人)が激戦の北海道選挙区で当確!衆議院議員7期を務めた実力を発揮!

2016/7/8

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

7月10日投開票の参議院議員選挙 北海道選挙区では、候補者10名で3議席を争う激戦の末、民進党公認で新人の鉢呂吉雄氏が当確を決めました。

886_01
日をまたいでの開票作業。激戦区だった北海道選挙区 >>

当確となった鉢呂吉雄氏は、1948年1月25日生まれで現在68歳。北海道樺戸郡新十津川町出身で、北海道大学農学部卒業後、今金町農業協同組合に勤務。第39回衆議院議員総選挙にて初当選(無所属/旧北海道3区)し、2009年第45回衆議院総選挙(北海道4区)の当選まで7期を務めました。

今回の参院選において、鉢呂氏は、「一人一人の声を政治に届け、国民、道民とともに進みます」との考えを示し、安保法制の廃止、格差是正、最低賃金の大幅引き上げなどを明示しています。

886_02
激戦を制した鉢呂吉雄氏のプロフィールはこちら >>

当選人数が2人から3人に増えた北海道選挙区。現職を含めた自民党候補者2名、民進党候補者2の激戦が予想される中、「増加した1議席に誰が入り込むか」が注目された今回の参院選。

その他、日本のこころを大切にする党、共産党、幸福実現党、支持政党なし から各1名、無所属2名の計6名が、4名を追う形で争いが行われました。

そのような中、民進党岡田代表が実力、人柄ともに太鼓判を押したのが、元経産大臣で衆議院議員を7期務めた鉢呂氏。見事、期待通りに当確を決めました。

>> 立候補者の詳しい情報や見どころ解説などはこちら

この記事をシェアする

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

選挙をもっとオモシロク” 選挙・政治分野における情報公開やITの活用を促進し、国民の関心を高めることで戦後最高の投票率を更新することを目指しています。

選挙ドットコムの最新記事をお届けします

ホーム記事・コラム当確速報!鉢呂吉雄氏(民進党公認候補・新人)が激戦の北海道選挙区で当確!衆議院議員7期を務めた実力を発揮!

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_whiteicon_homeicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube