選挙ドットコム

日本最大級の選挙・政治家情報サイト

徳島と高知の合区。広過ぎて活動できない・・・静か過ぎる選挙戦



鈴鹿 久美子
鈴鹿 久美子

13576597_606564459510235_1719588158_n

とにかく広い。徳島県と高知県が一つの選挙区になって、1議席を争う合区初の選挙。
>> 候補者・見どころ解説はこちら
高知県62万人、徳島県64万人。更に今回の「18歳選挙権」の実施で、2万7千人が加わり130万人近い有権者にアピールする選挙だ。
今回、立候補した3人は、何れも徳島県出身の候補者だ。3人の立候補者たちは130万人の有権者に向け訴えを挑むことになる。gouku

2県は広い。「選挙」の雰囲気はない


参議院選挙は選挙期間が17日間と定められている。
単純計算で、1日に7万6千人に会わないと、有権者全員にアピールすることが適わない。インターネットを利用した選挙も可能ではあるが、人の心を鷲掴みにするには、会って握手して「よろしくお願いします」が言いたい。

徳島駅に着いたのは演説のマイクを置く直前19時30分頃だった。選挙期間中は、マイクやスピーカーなどを使って声を上げることができる時間帯が朝8時から夜8時迄と公選法で定められている。大きなバスロータリーがある駅前は、演説でさぞ賑やかなことだろうと思いながら降り立った徳島駅は、静かだった。


最後の土日も大きな動きはない


各陣営のホームページやFacebookで、街宣予定を見てはいたが、金曜の夜に、サラリーマンが一杯飲んで帰宅する大きな駅頭に街宣車が1台も居ないなんて考えてもいなかった。
選挙では土日を含めた休日に、どんなイベントをやるのか、どんな大物議員に応援演説に入ってもらって、有権者を集めることができるのか、集票にやっきになる。ましてや、「週末」は選挙期間中2度しかない貴重な時間だ。

その金曜の夜、徳島で一番大きな駅頭に誰もいなかったのだ。選挙のムードはどこにもない。既にご機嫌になったのサラリーマン風の男性が、トランク片手に呆然と立っていた私にぶつかって来た。「あら、お仕事ですか。私はもう2軒目!」と笑って立ち去っていった。平和な光景だった。

 

事務所も静かな雰囲気


街宣活動が見られないなら、せめて選挙事務所を訪問してみようと翌朝タクシーで徳島市内の2事務所に行ってみることにした。土地言葉が優しい白髪の運転手さんは、その2事務所を良く知っているという。帰りの電車の時間を伝え、その時間迄にここに戻ってこられるか確認して、車を走らせてもらった。13598827_606564432843571_721898031_n最初に着いたのは民進党事務所。でも、あれ?運転手さん、誰もいないような。すると「ほうじゃのう。おらんのう」と。扉を見ると「移転しました」との張り紙。仕方がないので、自民党の候補者事務所へ向かってもらった。20分程街道を走っただろうか。問屋街にあったその事務所は、土曜日ということもあるためか、一帯がシーンとしていて、人が出入りしている気配がない。

「運転手さん、ここも引っ越したのでは?静かすぎませんか?」すると「いんやー、おるよ。ほれ。問屋街じゃけ土曜は人が少ない」13563499_606564406176907_469482356_n折角来たのだし、その扉を押してみたら、開いた。「こんにちはー。東京から来たのですが、候補者の方のチラシとか、頂けるものがありましたら嬉しいのですが」。そう言いながら奥に進むと、会議テーブルを寄せ集めた島が二つ。5人程の男女が居た。「あー、はい。こんなんで良いですかねぇ」と、証紙の貼ってある選挙ビラと政党のパンフレットなど3種類ほどササッとまとめて手渡してくれた。和やかな雰囲気に、また驚いた。


タクシー運転手すら、選挙カーにあわない


駅へ戻る道すがら、これも片側3車線の国道を走ったのですが、街宣車には一度もすれ違っていません。「運転手さん、今日は選挙カーにも会いませんでしたね。「そうよのう。わしも2回も会ったかのう」えーっ。一日中車を運転しているタクシーの運転手さんが、公示日から10日目で2回しかすれ違っていない?私が会える訳はないかと、妙に諦めよく次に向かう気持ちになれました。

さて、有権者にしてみたら街宣車も見かけない選挙戦。投票率にはどう影響するのか。
鈴鹿 久美子

鈴鹿 久美子 : 政治家のためのブランディング戦略家

政策秘書として6人の国会議員に仕える中で、一瞬の笑顔で有権者をファンにする議員、握手をすればする程嫌われる議員等、議員の命運が一瞬の印象で分かれることを知る。 さまざまな選挙実務を通して、勝つ人と負ける人の違いを分析。秘書時代15年を通し勝つノウハウを積み上げる。 2012年解散総選挙で、離職せざるを得ない秘書の受け皿をつくりたいと政策秘書を辞職。秘書と議員のマッチングを図る日本で唯一の議員秘書専門人材紹介会社「議員秘書ドットコム」を立ち上げ、テレビ、新聞等マスコミから注目を浴びる。 現在は、議員秘書の人財紹介に加え、議員秘書養成、国会議員のコンサルティング、立候補者を戦略的に当選に導く「立候補者スキルアップ講座」を開講。服装から政策、キャッチフレーズ、演説まで、圧倒的な印象形成で有権者を魅了する「好感度の科学」を用い、2014年の統一地方選、2016年の首長選挙で引き受けた候補者を政党問わず全員当選に導く。通称「勝たせ屋」。 株式会社 InStyle 代表取締役

記事一覧を見る

選挙ドットコムでは”選挙をオモシロク”を合言葉に、より多くの選挙報道・政治家情報を掲載する日本最大級の選挙・政治家情報サイトです

Copyright © 2016 選挙ドットコム All Rights Reserved.