選挙ドットコム

日本最大級の選挙・政治家情報サイト

【増山れな陣営レポート】エピソード・ゼロと初日からサプライズ!?(1日目)



兼子 草平
兼子 草平

私のエピソード・ゼロ なぜ増山候補の応援を行うか

4月某日、ジャーナリズムに関わる案件のシンポジウムがあり、その打ち上げでのこと。私は当時の職(一種の派遣労働)を休み、別の道を模索しようと考えていたところでした。
「5月以降、今の職を休もうと考えております」私の発言に、「じゃあ、私の手伝いやらない?」とラブコールしたのが、シンポジウム登壇者だったパートナーと同席していた増山れな候補でした。
私は一応「ジャーナリスト」も称しているため、特定政党に与することには少々迷いもありました。しかし、増山候補の肩書の一つがジャーナリスト。同志が出馬するため、私は一肌脱ぐと決意しました。
6月からボランティアとしてビラまきや撮影で、彼女の活動をお手伝いし、そして公示日に至りました。それまでの模様は、おいおい伝えていきたいと考えております。

第一声の新宿はつつがなく

彼女は目立ってナンボの芸術家肌、そのため報道陣に囲まれても臆さない、どころが楽しそう!

彼女は目立ってナンボの芸術家肌、そのため報道陣に囲まれても臆さない、どころが楽しそう!



私は社民党員ではないものの、小所帯の増山候補陣営では彼女を直接サポートすることが多く。第一声を行った新宿駅東南口にも同行しました。
増山候補は東京選挙区最速で立候補し、今日にいたるまで、各所で政治活動と遊説を行ってきました。さらに彼女の地金もあり、大勢のマスコミの前で臆することなく、つつがなく、吉田忠智党首とともに第一声を終えました。
その後、新宿・渋谷方面で遊説しました。高田馬場で共産党の山添候補陣営と鉢合わせし、同地での演説はキャンセルになるトラブルもありましたが、後のことを思えば些末なできごとでした。

四谷、中野でサプライズが?

惜しくも決定的瞬間を逃した四谷

惜しくも決定的瞬間を逃した四谷



まず、最初のサプライズは四谷で起こりました。なんと青い服を着て移動中の、「ヒゲの隊長」こと自民党の佐藤正久参議院議員とばったり遭遇!この決定的瞬間を、なんと私は激写に・・・失敗しましたが、NHKの方に撮影していただきました。運が良ければ目にできるかもしれません?増山候補はちゃっかり安保法について笑顔で訴えたようです。
さらなるサプライズは中野で行った第二声。ここでは、また偶然ですが、次に演説を行う政治団体「国民の怒りの声」の面々と遭遇、そこには話題の憲法学者、小林節氏もご一緒でした。
実は、以前小林氏にも増山候補を推薦していただくよう、増山候補陣営が連絡したのですが、色よい返事がもらえなかった経緯がありました。しかしこの日、増山候補の演説には感服していただいたようです。
そのため、急きょ増山候補陣営と快く握手していただくに至りました。

 

左から小林節氏、増山候補、羽田圭二世田谷区議

左から小林節氏、増山候補、羽田圭二世田谷区議



東京選挙区は6人区。政敵である与党だけでなく、同じ野党でリベラル派いえども、むしろ同じ論調だからこそライバル意識があるのですが、「野党共闘」に新展開があるかも?と予期させました。
兼子 草平

兼子 草平

一応フリージャーナリスト・ライターを自称しております。 政治・選挙の分野は増山れな氏の参院選出馬にともない、強い興味を得ました。 書くよりも撮るのが得意らしい不器用者です。

記事一覧を見る

選挙をもっと、オモシロク。

選挙ドットコムでは”選挙をオモシロク”を合言葉に、より多くの選挙報道・政治家情報を掲載する日本最大級の選挙・政治家情報サイトです

Copyright © 2016 選挙ドットコム All Rights Reserved.