選挙ドットコム

アナウンスの流れ -うぐいす嬢のノウハウ-

2016/6/16

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

うぐいす嬢

選挙期間中のアナウンスの流れとしては、基本的には以下の通りですが、おしゃべりの個性によって千差万別です。遊説に回る土地柄というのもあります。新興住宅街では、最終日の絶叫型はニーズとしてはあてはまりません。それに対して、農村部では最終日に平和な感じだと、「泣け!」とゲキが飛んで来るかもしれません。あなた風にアレンジして下さい。

 

アナウンスの流れ

  • 序盤:立候補のご挨拶を主体に、短く元気よく
  • ↓ :名前、経験、短めの政策を中心に覚えていただく
  • ↓ :名前、政策や経験、を叩き込む様にパンチを出して
  • 終盤:余分は全て省き名前と最後のお願いとお礼を短いフレーズで感情を出しながら

 

アナウンスのリズム

  • 序盤:ゆっくり、明確に
  • ↓ :テンポよく、明確に
  • ↓ :テンポよく、必死さを出して
  • 終盤:ハイテンポで、必死の訴え

厳密に言えば、選挙日数以外にも、時間軸(朝昼夜)でもスピードは変化します。その辺を察知して話ができれば、まず「うるさい」などの苦情の電話も激減するはずです。ただし、苦情の電話が全くないというのも珍しいので、事務所が気を使ってうぐいす嬢には伝えていなかったり、有権者まで聞こえていない場合もあります。

ボリュームは、お家の中のお年寄りが窓を閉めていても名前が聞き取れるぐらいを目安にしています。大音量過ぎず、小さすぎず。頃合い加減が腕の見せ所です!

選挙には「ポスターを破られて一人前」という言葉があります。「宣伝活動」なワケですから、何よりも怖いのは無反応かもしれません。(幸慶美智子)

目次に戻る

 

この記事をシェアする

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

選挙をもっとオモシロク” 選挙・政治分野における情報公開やITの活用を促進し、国民の関心を高めることで戦後最高の投票率を更新することを目指しています。

選挙ドットコムの最新記事をお届けします

ホーム記事・コラムアナウンスの流れ -うぐいす嬢のノウハウ-

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_whiteicon_homeicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube