選挙ドットコム

【舛添都知事問題】八百長だったはずが、ガチンコの戦いに。 自公VS舛添都知事に発展

2016/6/14

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

都庁

舛添要一都知事をめぐる都議会の動きが、大相撲の「八百長崩れ」に似てきました。
「八百長崩れ」とは、相撲の取組み前に決まり手から勝ち負けまで決めて、「八百長」を仕組んでいたにもかかわらず、そのシナリオ通りにいかなくなることです。事前に、金銭(カネ)や星勘定(相撲でいう勝敗の数)の打ち合わせをし、対戦力士双方の合意で「取引」が成立していたのに、土俵に上がっていざ本番となったら、双方の力士の気分がいつのまにか変わってしまう。その結果、勝つ予定の力士が負けてしまい、負ける予定の力士が勝ってしまうーそんな状況になりつつあります。

 

「感情」が出てきた都議会

なぜそんなことが起こるのでしょうか? 土俵に上がってから、キツイ張り手を食らったり、「演技」で際どい相撲を取っていたりするうちに、だんだん感情的になるからです。人間は感情に左右されるので、土俵に上がって、観衆の声援などを聞いているうちに、「カネなんてどうでもいい。俺はここで本気で勝負したい!」と思う力士も出てくるわけです。  昭和50年代、実際に土俵上であった話ですが、優勝がかかった大一番で、事前に八百長を仕組んだにも関わらず、大観衆の声援や力士個人の意地、要は本番の「勢い」みたいなものの影響で、負けるはずの力士が勝ち、勝つはずの力士が負けてしまったケースはいくつもあります。

 

土俵に上がると景色が変わってきた

この大相撲の八百長崩れと、舛添知事と都議会自民党、公明党の関係が妙に似ているように見えます。ここからは、完全なる推論ではありますが、舛添氏を厳しく追及しているようにみせて、実際、都議会の自民党・公明党は、舛添氏の「続投」で、ある時点までは、取引していたのではないでしょうか? しかし、本番(代表質問や記者会見など)になると、どんどん状況が変わってきます。世論の硬化、テレビをはじめとする連日の報道、舛添氏自らが墓穴を掘る記者会見、いろいろな要素が絡み、当初の八百長が崩れているのではないでしょうか―。
世論が収まっていない。土俵に上がってみたら、観衆がやたらと盛り上がっている

公明党:土俵に上がってみたら、やっぱり、この勝負に勝ちたくなってきた

自民党:土俵に上がってみたら、八百長通りにやったら、自分たちが危なくなる 

よし、こうなったら、八百長なし。真剣勝負でやるか。

 

13日に潮目が変わった

都議会で、そういう変化が起こっているのではないでしょうか。繰り返しになりますが、金銭や星勘定が大好きな力士でも、「演技」で張り手を食らっているうちに、感情的になって、八百長をつぶすこともあります。 13日の都議会総務委員会で、公明党都議が舛添氏に対し「辞職すべき」とはっきり言い切りました。これを見る限り、八百長から真剣勝負になってきたようです。(寄稿 永田一郎)

この記事をシェアする

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

選挙をもっとオモシロク” 選挙・政治分野における情報公開やITの活用を促進し、国民の関心を高めることで戦後最高の投票率を更新することを目指しています。

選挙ドットコムの最新記事をお届けします

ホーム記事・コラム【舛添都知事問題】八百長だったはずが、ガチンコの戦いに。 自公VS舛添都知事に発展

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_whiteicon_homeicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube