選挙ドットコム

【いやなら辞めます】福島県双葉町会議でベテラン議員が議会中に口論の末、突然辞職

2016/5/9

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

【いやなら辞めます】福島県双葉町会議でベテラン議員が議会中に口論の末、突然辞職

政策調査費流用、セクハラ、酒気帯び運転など地方議会議員のモラル低下、それに伴う役職辞職や議員辞職の問題が叫ばれていますが、今回もまた耳を疑うような辞職案件が報道されました。議事中に口論が起き、そのまま辞職したという話です。

双葉町議会の定例会はyoutubeで公開されています。そのため、今回の辞職の経緯も公開された動画からうかがい知ることができます。
問題になったのは2016年3月16日の平成28年第1回議会定例会です。

 

谷津田光治元議の質疑のなかでおきた事件

辞職した谷津田光治元議員は、当日の審議では、議員の期末手当引き上げに反対する質問や、当初予算の見通しの甘さについて一人町長を追及していました。動画を見る限り当日の質問は全て彼がしたものだということを考えてもその熱心さはわかると思います。

問題になった議案は平成27年度双葉町一般会計補正予算(第5号)の中間貯蔵施設受け入れをめぐる、地権者報償の予算でした。年初の予算によれば報償のために17億円計上していたが、補正の結果15億円減額されて2億円になったということです。谷津田議員はなぜ中間貯蔵施設のための用地取得が進んでいないのかを問いただしました。

谷津田光治元議員(書き起こし)

「年度当初予算組んで、相談にくる人が少なかったから減額補正します。これは簡単なんですね。では、なぜ相談しにくる人が少なかったか。それから、中間貯蔵施設に関する施設地権者の支援事業なんですけれども、地権者は「支援してもらうことはない」という考えなんですか。これだけ17億の当初予算で15億削って減額補正。これ残りは2億ちょぼちょぼしかないような気がして、これから3月、年度末ですからそんなにないとは思いますけれども、ではなぜこれほど少なかったんですか。なんか一般質問だと、町長、最終処分場なんていう話を質問も出たようでしたけれども、中間貯蔵施設でさえもこれだけ減額しなければならない、仕事量の少ないということなんでしょうから、折角国が30年で返しますよ、だから貸してくださいって言っているにもかかわらず、最終処分場なんて、町長はそこに言及しないという答弁だったみたいですけれども、中間貯蔵施設の予算でさえも消化できないのに、もっと先のことを考えるんですか。だからなぜこんなに減額しなければならないのですか。教えてください。」

「だから町長は、中間貯蔵施設えお引き受けるにも苦渋の選択だと言ってお受けしたわけですよ。でこの金額を県からいただいて、地権者に対応していくために補助金なり公費なり上げましょうというわけでしょ。そこまで達していない、相談にきていない、中間貯蔵施設に関しての話が進んでいないわけでしょ。それは誰の責任なのか。当然町長だって苦渋の選択だと言って引き受けたわけですから、もっと金使う方法を考えられないのか。ここで減額補正するのは簡単なんだけれども、結局は相談も当然、地権者支援もできないまま終わっているわけですよね。じゃあ何人に支援したんですか。」

そこで佐々木清一議長が遮ります

「谷津田議員に申し上げます。先ほどの質問の中でも一般質問の内容をこの質問を同時にされるのは、議長として取り上げるわけにいかないので、取り消してください。それとこれは別であり、予算の審議には一切関係ありません。」

質問を遮られた谷津田議員と議長の討論はここから始まった。

「この予算審議の中にはそのことはうたわれておりません、一切。」「だから言っているのは、中間貯蔵施設に関する予算がこれだけ減額されているのは、なぜですか、というだけで」 「議長として発言を許可することはできません。」

緊迫した空気の中、突然谷津田議員は叫びました。

「議員辞めます。みなさんに諮ってください。」

 

突然の辞職申し出に議会の対応は冷静なものだった

ここで約1時間の休議をはさみ、再開後、即議員辞職について議論され、谷津田議員は議員辞職を「体調不良」を理由に届け出ました。その結果、全会一致で議員の辞職が決議され、辞職が認められました。

その後の議事は一つの質問、討論もなく、補正予算は全会一致で決議されました

他の7議員は全員賛成したので妥当な予算だったのでしょうか、その点まではわかりません。しかし、谷津田議員からすれば全く納得できないものであったはずです。それなのに彼は途中で辞職し自ら審議を投げ出してしまいました。結局、谷津田議員の疑問は解消されないまま予算審議は終わってしまったわけです。議員辞職してしまった今、彼の疑問が妥当だったのかどうかも後日検証されることはないでしょう。果たしてこれでよかったのか、残念でなりません。

<参考>
http://www.asahi.com/articles/ASJ4441NCJ44UGTB004.html
双葉町公式チャンネル:
https://www.youtube.com/channel/UCVO4zHHGWL054OeDw9NhuNQ
2016年3月16日の平成28年第1回議会定例会:
https://www.youtube.com/watch?v=lTwzE9SLcfQ

 

この記事をシェアする

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

選挙をもっとオモシロク” 選挙・政治分野における情報公開やITの活用を促進し、国民の関心を高めることで戦後最高の投票率を更新することを目指しています。

選挙ドットコムの最新記事をお届けします

ホーム記事・コラム【いやなら辞めます】福島県双葉町会議でベテラン議員が議会中に口論の末、突然辞職

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_whiteicon_homeicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube