選挙ドットコム

選挙における諸葛孔明と言うけれど、選挙プランナー(コンサルタント)ってそもそも何してくれるの??

2016/4/17

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

選挙における諸葛孔明と言うけれど、選挙コンサルタント(プランナー)ってそもそも何してくれるの??

 

選挙プランナーって?

最近になって日本のメディアでも取り上げられることが多くなった選挙プランナー。かつては「選挙ゴロ」や「選挙ブローカー」といったマイナスの呼び方もあったようですが、「選挙プランナー」が選挙のコンサルタントとしての一般的な名称として認知をされてきました。

そんな選挙プランナーについて今回は、
「選挙プランナーは何をやっているの?」
「資格は必要?」「どんなノウハウが必要となるの?」
「どれくらいの候補に選挙プランナーはついているの?」
といった素朴な疑問を解消していきたいと思います。

 

 選挙プランナーを一言で表すと?

日本の選挙プランナーの第一人者であり、そもそも「選挙プランナー」という肩書きを考案された三浦博史氏は、選挙プランナーの仕事を以下のように説明しています。

「当選」という共通のゴールを目指し、候補者にふさわしい選挙キャンペーンのプランニング、アドバイス等を的確に行っていくのが選挙プランナーです。

他にも様々な定義が存在しますが、概して、候補者に寄り添いながら選挙をサポートし、当選に導くのが選挙プランナーの仕事と言えるでしょう。

 

選挙プランナーの具体的な業務は?

では具体的な業務はどうでしょうか。選挙プランナーの松田馨氏によれば、大別すると当選までの3つの業務と、当選後の1つの業務の合計4つに分けることができるそうです。

① スケジュールと予算の立案
政治家にはそれぞれ任期が定められていますので、基本的にいつ選挙が行われるかは大体わかっています。突然の解散がある衆議院でも、大体いつ頃に解散されるのかは予想できるものです。選挙期間までの残り日数を逆算し、残り100日だったらこう、200日ならこうと最適なスケジュールを提案します。予算も、選挙の規模や候補者の資金力に合わせて事前に大枠を作ります。このスケジュールと予算の設定が選挙戦を戦い抜く上で、とても重要な要素となりますし、新人候補の方にとっては選挙戦がどんなものかをイメージするためにも役立ちます。

② 当選までの戦略作り
仕事のメインとなる部分です。データ分析をもとにした集票戦術の組み立てと、候補者のストーリー作りが重要になります。候補者の想いや実現したい政策のヒアリングを行い、他候補者と差別化されたPRを考案します。並行して、電話調査や過去の選挙結果などから選挙区のデータを徹底的に分析し、集票のためにどんな行動を行っていくのかを企画し、指導します。

③ コンプライアンスの徹底
公職選挙法は非常に細かい規定が多く、解釈の幅もあるため「うっかり違反」を起こしてしまうケースがあります。選挙プランナーがお手伝いする以上は、陣営から1人の違反者も出さないよう候補者や後援者への研修会などを実施し、文書マニュアルも配付して「選挙違反ゼロ」を徹底します。

④当選後、後援会の拡大や地盤作り
選挙の世界では、当選した次の日からに次回の選挙が始まっていると言われます。そのため、任期中にどれだけ後援会の拡大や地盤を固められるかが再選できるかを決めることになります。当選の時点で契約が終了する案件もありますが、次の選挙への意識をもたれている候補者は継続して契約し、後援会活動などのサポートをすることもあります。

 

資格はいるの?選挙プランナーに必要なスキル。

選挙プランナーを名乗ることに資格は必要ありません。実績と実力さえあれば誰でも名乗れる職業と言えますが、実績がなければそもそも仕事がきません。では、どのようにしてそのスキルを身につけるのか。議員秘書を勤める中で選挙のノウハウを蓄積していき、選挙プランナーとなるケースが多いようです。選挙プランナーの第一人者としてご紹介した三浦氏もこのケースです。

 

選挙プランナーはどのくらいの候補についているのか。

認知は拡大されてきたものの、選挙プランナーがついている候補は日本ではまだまだ少ないと思われます。それは、そもそも選挙プランナーを専業で生計をたてている人物は国内では10人程度と言われている事が一因にあります。
ただ、年々増加の傾向にはあり、地方議会議員の選挙では少ないですが、市長選挙などの首長選挙や衆議院や参議院の国政選挙では雇うといったケースも多いようです。今後は日本でも、アメリカのように選挙プランナーを雇う政治家が増えていくかもしれませんね。

三浦博史氏は「小池みきの下から選挙入門」にも登場していただいています。ぜひ過去の連載記事もご覧ください。

元祖・選挙プランナー曰く「昔の選挙は暗かった!」(小池みきの下から選挙入門 .12)

 

この記事をシェアする

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

選挙をもっとオモシロク” 選挙・政治分野における情報公開やITの活用を促進し、国民の関心を高めることで戦後最高の投票率を更新することを目指しています。

選挙ドットコムの最新記事をお届けします

ホーム記事・コラム選挙における諸葛孔明と言うけれど、選挙プランナー(コンサルタント)ってそもそも何してくれるの??

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_whiteicon_homeicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube