選挙ドットコム

甘利氏「睡眠障害」の診断書提出!違法献金疑惑の真相はこのまま終息するのか!? | 選挙ドットコム編集部メモ

2016/2/17

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

甘利氏、「睡眠障害」のため1か月の自宅療養
http://news.goo.ne.jp/article/yomiuri/politics/elex/20160216-567-OYT1T50132.html
甘利氏、1カ月療養必要 睡眠障害の診断書提出
http://www.sankei.com/politics/news/160216/plt1602160030-n1.html

 

1月28日に辞職した自民党の甘利氏が、15日付「睡眠障害」の診断書を提出していることがわかりました。同党の筆頭理事、松野博一氏によると、診断書には、「ストレスを避けて安静にするように」と書かれており、約1ヶ月の間自宅療養をするとのこと。

野党側は、国会が正常化したあとも、「金銭授受疑惑の幕引きは許さない」と明言し、真相解明のため甘利氏を参考人として招致するよう求めていましたが、甘利氏は、辞任した翌日から約3週間、衆院本会議を欠席。その理由について野党が問い合わせていたことから、今回の件が明らかになりました。

甘利氏、そして自民党はこの診断書により当面は時間稼ぎが可能。辞職直後に醜態をさらすことは避けられた形となりますが、違法献金疑惑はこのまま終息を迎えてしまうのでしょうか。

診断書の期限が切れる1ヶ月の間に、与野党に新たな問題が浮上すればうやむやになる可能性もなきにしもあらず…。ですが、いずれにしても肝心の政策課題がかすんで見える状況に変わりはなく、国民のため息が聞こえてきそうです。

 

この記事をシェアする

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

選挙をもっとオモシロク” 選挙・政治分野における情報公開やITの活用を促進し、国民の関心を高めることで戦後最高の投票率を更新することを目指しています。

選挙ドットコムの最新記事をお届けします

ホーム記事・コラム甘利氏「睡眠障害」の診断書提出!違法献金疑惑の真相はこのまま終息するのか!? | 選挙ドットコム編集部メモ

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_whiteicon_homeicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube