選挙ドットコム

いまさら聞けない参議院選挙の仕組み②選挙区と比例区

2015/7/13

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

前回は参議院議員の任期や、通常選挙のサイクルについて触れました。今回は参院選の投票区の説明と、当選の仕組みについてまとめてみました。

参院選特集2

投票区は2種類、地元と全国

参院選の選挙方式には2種類あり、「選挙区選挙」と「比例代表選挙」に分かれます。衆院選でも小選挙区と比例代表の2種類の選挙がありますが、内容は異なります。衆院小選挙区は全国295区に細分化されていますが、参院選挙区は都道府県ごとの47選挙区からなっています。分かりやすいですね。また衆院比例区は全国11ブロックに分かれていますが、参院比例区は全国区のみです。当選人数は選挙区選挙で73人、比例代表選挙で48人なので、一度の参院選で121人の議員が誕生します。

 

 

候補者名も書ける比例票

衆院比例では「政党名」への投票しかできません。また政党の得票総数に比例して配分された議席数と、政党があらかじめ決めた候補者の当選位順(名簿順)によって当選者が決定する「拘束名簿式」が採用されています。一方、参院比例では「政党名」でも「候補者名」でも投票できます。また候補者名への個人票も政党の得票数としてカウントされ、得票総数に比例した数の議席が配分されます。衆院選と違って当選順位は個人名での得票数で決まる「非拘束名簿式」が採用されています。候補者にとっては個人名で投票してもらえるかどうかが、当落を大きく左右することになります。

 

 

タレント候補が対決する全国比例

全国から票を集められる候補者といえば、芸能人やスポーツ選手などの有名人が「タレント候補者」として毎回話題になります。来年選挙を迎える参議院2010年当選組では、元女優の三原じゅん子さんや、柔道元金メダリストの谷亮子さんが当選して話題になりました。ですがその他多くの「タレント候補者」が落選していることから、有権者の目は決して甘くはないことが分かります。

一年後に迫った参院選。タレント候補の話題だけではなく、選挙制度のあり方自体が今問われています。次回は「一票の格差問題」についてまとめたいと思います。

 

この記事をシェアする

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

選挙をもっとオモシロク” 選挙・政治分野における情報公開やITの活用を促進し、国民の関心を高めることで戦後最高の投票率を更新することを目指しています。

選挙ドットコムの最新記事をお届けします

ホーム記事・コラムいまさら聞けない参議院選挙の仕組み②選挙区と比例区

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_whiteicon_homeicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube